人気ブログランキング |

DSair2 新コマンドステーション導入

今回は、DCCをするにあたって必要不可欠なコントローラー(コマンドステーション+スロットル)のお話。
ご多分に漏れず、私もカトー扱いのD101でスタートしました。
その後、フルファンクション操作ができるD102、増設スロットル(UT4)を買い足していきました。

あれやこれやと遊んでいると、次第に出てくる不満。
「動かす車両が複数になると管理しにくい」
「重連運転の登録・解除がややこしい」
「CV値の書き込みができても読み込みができん」
など、細かいながらも色々と不便に感じてきたので・・・
f0037227_23445087.jpg
Desktop Stationさんが販売されている「DSair2」を導入しました。
コマンドステーションの機能がこの白い箱で完結しているので、持ち運びにも便利なコンパクトサイズ。
f0037227_23445708.jpg
あとは、ACアダプターとスロットル役のスマホorタブレットを用意すれば、準備完了。
FlashAir(無線LAN機能つきSDカード)でデータをやりとりするため、ルーターやPCは不要。
f0037227_23450599.jpg
スマホでの操作画面をスクリーンショット。
4.7インチのiPhone6Sでも操作性は良好で、タイムラグも感じないので気持ちよく運転できます。
4アドレスを同時管理できるので、複数車両の操作も画面ひとつ、重連運転もワンタップで可能。
f0037227_23451228.jpg
CV値の読み書きも問題なく行えて、ポイント操作もできて、レール配置図を描くことも可能。
指先でタップするだけ、DCCをスマホの画面上で遊べます。それもなに不自由なくね。
f0037227_23451800.jpg
そして、DCCだけでなくDCパワーパックモードもあり。
コレ1台とスマホがあれば、デジタルもアナログも両方遊べてしまうからスゴイ。

そんな高機能コマンドステーションを手にして、DCC入門したての頃のように毎晩遊んでいる私・・・w
Z21と比べてもコストパフォーマンスが良いし、何より国産なのが良いじゃないですか。
これからDCCをはじめたい人にも、すでにDCCを楽しんでいる人にもオススメです。

by railstar-rikkun | 2019-02-14 01:14 | 鉄模:DCC | Trackback | Comments(0)

DCCサウンド「はまかぜ」「サンライズExp.」走行シーン

長らくお待たせを致しました・・・(汗
DCCサウンドを載っけた2車種の動画、ようやく撮影できました。。。
ディテールや光は画像でも伝わりますが、音に関しては動画でとくとお聞きいただければと。

まずは、キハ181系「はまかぜ」。
レンタルレイアウトの亀屋さんで撮影したものなので、少々聞き取りにくいかもしれません。

続いて、285系「サンライズエクスプレス」。
部屋の明かりを落として、東京駅22時ちょうど発、みたいな設定で撮影w
ちなみに特徴的なVVVF音は個人的に野暮ったく感じてしまったので、消音にしてあります。

今回285系でインバーター車を初DCC化したのですが、正直モーター音はいらないという結論に至りました。
クマタ貿易さん編集データをそのまま使っている現状ではあるのですが、ちょっとイメージと異なる。。。
サウンド編集は難しいと聞いてはいるので、その点も今後自力で挑戦してみたいなぁと思った次第です。

日本型で楽しむDCC、色々な面で茨の道でありマイノリティな世界。
これからも首を突っ込んでいくつもりなので、そんな楽しさが伝わると良いなぁ。

by railstar-rikkun | 2019-02-11 22:20 | 鉄模:DCC | Trackback | Comments(0)