カテゴリ:鉄模:改造・加工(16番)( 82 )

カトー16番「北斗星」の加工:オハネフ25-0(Bコンパートメント)の場合

ども、RiHaです。

カトー16番の「北斗星」客車、とりあえず基本4両分が仕上がりました。
見逃してしまうような細かな部分も含め、1両ずつ、じっくりご紹介しますw
f0037227_2242165.jpg
カニ24の次に加工が簡単そう?な、Bコンパートメントのオハネフ25-0です。
予想以上に手を入れたので、実際は結構大変でしたけど・・・w

KATO 24系「北斗星」Bコンパートの加工はMoreです
[PR]

by railstar-rikkun | 2014-06-06 23:50 | 鉄模:改造・加工(16番) | Trackback | Comments(0)

カトー16番「北斗星」の加工:カニ24の場合

ども、RiHaです。

JR西に続き、JR東からクルーズトレインの概要が発表されました。
正直なところ、ただデザイナーが違うだけで、何だか似たり寄ったりだなぁ、というのが第一印象。
走る場所だけじゃなく、車両そのものにも「唯一無二」感があった方が良いと思うんです。
まるで豪華度の背比べをしているようで・・・まぁ、そうなっちゃうのかな。
コレに乗らないと味わえない独特の感動、そんな付加価値が付くと良いんですが・・・。

さて、『今年はトワ1色で!』なんて宣言しましたが、現在はエヌ小屋さん内装パーツの動向待ちです・・・。
f0037227_2323385.jpg
「トワ」は一旦熟成庫(=クローゼットw)へ収めて、材料の揃ったカトーの「北斗星」客車を加工してみます。
とりあえずは手持ちの基本4両ですが、多分そのうち増結されていくことでしょう・・・w
f0037227_23294312.jpg
まずは、比較的簡単そう?な電源車、カニ24から。
16番機関車でも活用した、ヤフオクの仕切り屋さん製作の内装シートがベース。
その内装シートによる表現に加え、部分部分に塗装を施して、より「らしく」仕上げてみました。

KATO 24系「北斗星」電源車の加工はMoreです
[PR]

by railstar-rikkun | 2014-06-04 00:23 | 鉄模:改造・加工(16番) | Trackback | Comments(0)

トミックス 青と銀のEF510をブラッシュアップ

時が経てば技術や視点が変わるので、過去作が劣って見えてしまうものです・・・w ども、RiHaです。

Nと16番、出来るならブログ記事では交互に満遍なく扱いたいなー、なんて理想があります。
ただ、Nでは編成でまとめて、16番では刻み刻みで記事にするので、どうしても偏ったようになるんです。
それを打開するキッカケになるか、Nでは近日公開の「隠し玉」を用意してますので、お楽しみに。

で、前回記事がNだったので、今回は16番ネタ。
E5系がひと段落し、トワは熟成中なので、久々にこの機関車を。
f0037227_21161811.jpg
トミックスの青と銀のEF510-500、過去作品で荒い加工が目立つので、ちょこっと手直しすることに。

TOMIX EF510青・銀のブラッシュアップはMoreです
[PR]

by railstar-rikkun | 2014-05-25 22:23 | 鉄模:改造・加工(16番) | Trackback | Comments(0)

カトーHO E5系の外見加工 ライト・チューニングVer.

ども、RiHaです。

カトーHOの「はやぶさ」、内装加工の次は外観をちょこっと拘ってみます。
f0037227_22282630.jpg
まずは、あっさり印刷表現のワイパーをパーツで立体化。
『アームもブレードも長いワイパーなんて、パーツあるか?』と思いましたが、ちゃんとありましたw
エコーモデルのロングタイプワイパーの中にある一番大型のもの(9mm)でピッタリ。
半ツヤの黒で塗装して、ボディ側に0.3mmの穴を開けて、ゴム系接着剤併用で取り付けました。
f0037227_22364184.jpg
立体感も出て、ボディ側からアームが伸びてますよ、という状態が再現できました。
ちなみに、印刷表現のワイパーは特に触らず、そのままです。
頑張って消してはみたものの、ガラスが擦り傷だらけになったーってのも嫌ですしね・・・。
f0037227_22425495.jpg
続いて、真っ赤なパンタグラフは、スリ板を塗り分け。
カーボンのスリ板はもちろんのこと、その土台部分も色分けしてあります。
f0037227_2246815.jpg
ライトチューンなはずですが、ココだけは譲れない部分。
左側が加工後で、右側が加工前・・・どこが違うか分かりますでしょうか?
f0037227_2248995.jpg
うちではお馴染みの車輪塗装、車輪のフチだけを明るいグレーで塗装しました。
フチを塗装したことで、あたかも内側の銀メッキ部分がディスクブレーキのように見えることを狙ってます。
台車カバー下から見える脱線逸脱防止ガードに華を添えるようなイメージです。
しかし、事あるごとに足回り、足回りって・・・俺ってスケベなんだな(爆

とりあえず、HO E5系の加工はこんな感じで。
あとはメーカーのコンセプト通り、走らせて楽しみたいと思います!

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2014-05-18 23:04 | 鉄模:改造・加工(16番) | Trackback | Comments(0)

カトーHO E5系の車内加工・・・効果はいかに?

ただでさえ窓が小さい新幹線では、内装加工の苦労対効果があまりにも小さ過ぎる・・・w ども、RiHaです。

『外見もやりますが、中身もしっかりやりまっせ』が、N・16番問わず、うちの模型のコンセプト。
ただ、今回の題材はそうとはいかず・・・。
f0037227_22433522.jpg
カトーHOのE5系「はやぶさ」、まずは簡潔な仕様で内装塗装してみました。

KATO HO E5系新幹線の加工の模様はMoreです
[PR]

by railstar-rikkun | 2014-05-15 23:47 | 鉄模:改造・加工(16番) | Trackback | Comments(0)

やっぱり密着自連!:トミックス EF81・24系トワイライトExp.

加工費にも予算を回したいところですが、今だからこそ遠征費(旅行)にも回したい・・・w ども、RiHaです。

前回記事のE5系との2ショット画像で、実は今回の加工がチラッと写っておりました。
f0037227_2225836.jpg
実車とは形態が違う!トリップピンが邪魔!連結間隔が長い!
と、ケーディカプラーへの不満が溜まりに溜まったため、「IMONカプラー」の密着自連タイプに交換してみました。
・・・スノープラウの「キバ」を作っておきながら、肝心のカプラーが自連ってのも変ですしねw

TOMIX 16番「トワ」のカプラー交換の模様はMoreです
[PR]

by railstar-rikkun | 2014-04-27 23:02 | 鉄模:改造・加工(16番) | Trackback | Comments(0)

お買い得車両をゴチャゴチャさせる楽しみ:カトーEF510-0 ディテールアップ加工

車両加工ばっかりでは長続きしないので、ちょっと違うことにも手を出している今日この頃・・・w ども、RiHaです。

DCC化に引き続いて、ディテールアップ加工を行った、カトーEF510-0「レッドサンダー」です。
f0037227_2353213.jpg
16番のEF510は、すでにトミックス製品が2両あるので、その余りパーツを有効活用。
そして、エッチングパーツ類は純正グレードアップパーツ2を使用しました。

KATO 16番EF510「レッドサンダー」の加工はMoreです
[PR]

by railstar-rikkun | 2014-04-11 00:10 | 鉄模:改造・加工(16番) | Trackback | Comments(0)

トミックス16番EF81トワイライト色 小加工第2弾

なりたい自分って一体何なんだろうなぁ・・・未だに分からない今日この頃です。 ども、RiHaです。

学生時代、確かに思い描いていた夢なり理想がありました。
が、いざ社会に出てみると、あらゆるものが消え去ってしまったような印象です。
せっかくのこの機会、ちょっと踏ん張りを利かせて、やり直してみるかな。

さて、客車に続いて、今度は機関車を。
f0037227_20501982.jpg
パッと見、何も変わってないようにも見えますが・・・。

TOMIX 16番EF81トワイライト色の加工第2弾はMoreです
[PR]

by railstar-rikkun | 2014-03-21 22:25 | 鉄模:改造・加工(16番) | Trackback | Comments(2)

室内灯の明かりを隅々まで!:トミックス24系「トワイライトエクスプレス」

車内加工率の上昇に伴い、室内灯装備率も上がり、お財布がとっても苦しいです・・・w ども、RiHaです。

Nゲージの加工もしつつ、ちまちまと加工しているので、なかなか記事にできるまで進みませんが・・・w
f0037227_22275766.jpg
今回は16番「トワ」の不満点を1つ解消してみました。

TOMIX 16番「トワ」室内灯の光り方改善の模様はMoreです
[PR]

by railstar-rikkun | 2014-03-16 23:08 | 鉄模:改造・加工(16番) | Trackback | Comments(0)

カーテン・ブラインド取り付け:トミックス キハ181系「はまかぜ」

振り返れば購入から5年以上の付き合い・・・我ながら良い関係を築けているなとw ども、RiHaです。

16番「はまかぜ」・・・私の16番本格進出の第1号編成。
購入から長ーーーい時間を掛けて、ボチボチと加工してきました。
走らせては加工を繰り返す「進化」型の加工スタイルは、今も不変。
じっくり楽しむのが良いのであって、うちには納期なんて概念は存在しませんw
f0037227_23285013.jpg
今回は、ロールスクリーンとカーテンを取り付けることにしました。
まず、普通車にはロールスクリーン。
シートカバーにも使用した、白色のマスキングテープで表現してみました。
上げ下げの持ち手もチラッと見えるので、銀色のテープで抜かりなく再現。
f0037227_23285537.jpg
グリーン車はカーテン。
白色に近いクリーム色の紙にシワを付けて、両面テープで貼り付けました。
海側から日が差しているという設定で、人形を配置している部分を中心に閉めておきました。
が、乗車率がかなり低めなので、数えるほどしか閉めてませんw
f0037227_2328142.jpg
これまで、記事にしそびれていたものとして、すでに運転士人形にも乗車していただいております。
大阪から姫路方面に走っている向きにセットして、客席もそれに方向を合わせています。
f0037227_23293474.jpg
当初は4両で、その後5両、6両と増車されていった、うちの「はまかぜ」。
7両!と考えていた時期もありましたが、これでも十分かなーと。

このちょびっと加工後、先日のクラブで1年振りに走らせてきました。
改めて思いました、『6両でも様になるよな』と。
さて、そろそろ外装の仕上げをしたいところですが、いつになるやら。

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2014-03-10 23:56 | 鉄模:改造・加工(16番) | Trackback | Comments(0)