人気ブログランキング |

2020年 05月 16日 ( 1 )

Modellbahnshop-Lippeでいろいろ輸入してみる

新緑がきれいだなぁ~と思いながら、撮影はもとよりお出かけを控える今日この頃。
ステイホームということで、オンラインショップや宅配の方々には感謝の念を抱きつつの通販生活。
Modellbahnshop-Lippeでいろいろ輸入してみる_f0037227_22565501.jpg
ドイツの鉄道模型ショップ「Modellbahnshop-Lippe」より、いろいろと通販してみました。
注文した品が一部欠品だったり、海外発送便の停止など、何やかんやで発注から3週間ほどかかりました。
その旨のメールはもちろん英語で、返信するのにちょっと緊張したのは内緒・・・w
Modellbahnshop-Lippeでいろいろ輸入してみる_f0037227_22565519.jpg
長旅をしてきた段ボールを開けて、中身を確認。
ESU デコーダテスターとLokSound5 microを2つ、ROCO フレキシブルレールと道床を各4つ。
Modellbahnshop-Lippeでいろいろ輸入してみる_f0037227_22565503.jpg
16番の線路はカトー製を使ってきましたが、ジョイント部分の電圧降下とバリエーションの少なさがね・・・。
メーカー乗り換えを視野に今回、ROCO製「Roco Line with Bedding」シリーズをお試しで、まずは直線を発注。
カトー製と比べると道床部分が大柄で、一見すると同じゲージ幅とは思えないほど。
枕木の裏はガッシリと梁が入っていて、だけど道床の肩部分はゴムでできているという面白い作り。
見た目も良くて丈夫そうだし、ポイントのバリエーションも豊富・・・いいんじゃない?!
ということで、エンドレスが組めるようにカーブやポイントなどひと通りの線路をLippeで追加発注済み。
Modellbahnshop-Lippeでいろいろ輸入してみる_f0037227_22565521.jpg
そして、昨年末に発売されたトミックスのキハ261系1000番台、私も漏れなく購入済み。
プラ製の旨味が凝縮された、非の打ちどころがない作りは見事ですな。
今回Lippeで購入したデコーダとオープンサウンドデータを搭載して、DCCサウンド化します。
合わせて、よりカッコいい姿にするべく、ちょい加工もしましたので、紹介はまた次回。

by railstar-rikkun | 2020-05-16 23:46 | 鉄道模型(鉄模) | Trackback | Comments(0)