人気ブログランキング |

トラムウェイ キハ48にオープンサウンドデータを:搭載編

キハ40のオープンサウンドデータが書き込まれたESU LokSound5 microの搭載が完了しました。
・・・動作確認はしましたが、車両そのものの加工が終わっていないので、取り急ぎご報告まで。
トラムウェイ キハ48にオープンサウンドデータを:搭載編_f0037227_19552361.jpg
DesktopStationのYaasanさんのブログ「電機屋の日々」を参考に、基板のパターンカットと配線をハンダ付け。
モーターやレールからの配線は再利用、デコーダーと接続するのに程よい長さに調整しました。
トラムウェイ キハ48にオープンサウンドデータを:搭載編_f0037227_19553101.jpg
配線はすべて床板と座席パーツの間を通して、中間連結面側のデッキ部分から配線を引き出し。
フィルム配線になった8ピンコネクタは切除、配線を直接ハンダ付けのうえ、デコーダー本体はトイレ部に搭載。
トラムウェイ キハ48にオープンサウンドデータを:搭載編_f0037227_19553791.jpg
デコーダー付属のスピーカーは、床下の隙間に設置。
エンクロージャーを含め高さは11mmで、床下機器とツライチにしてあります。

配線を隠し、デコーダーも隠し、スピーカーも忍ばせて・・・と、少々手間のかかる載せ方をしてみました。
とは言え、昔のNゲージのごとくモーターは丸見えなのは製品仕様なので、ご愛嬌。
トラムウェイ キハ48にオープンサウンドデータを:搭載編_f0037227_19554319.jpg
ちなみに車両そのものは、八戸線リクライニングシート車(元「うみねこ」)編成に仕立て中。
オープンサウンドデータを使う⇒原型エンジン車やな⇒タラコ色そのままはつまらん⇒うみねこ!
ってな具合で、せっかくのサウンドを活かすべく加工しているのですが・・・
車番・表記インレタ到着待ち⇒仕上げのクリア掛けできない⇒組めない!
という現状なので、動画が撮れるのはもう少し後になりそうです・・・しばしお待ち下さいませ。。。

by railstar-rikkun | 2019-05-21 21:04 | 鉄模:DCC | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://tec300.exblog.jp/tb/30606603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード