人気ブログランキング |

2018-2019 北海道で過ごす年末年始(4日目)

旅の終わりが近づいていくことに、じわじわと寂しくなる頃・・・4日目がスタート。
f0037227_20283189.jpg
朝風呂からの朝食、恒例のパターンを済ませて、チェックアウト前にお散歩。
宿泊者が出入りできる勝手口から徒歩1分で、白ひげの滝を眺めることができます。
凍っていない青色の川、湯気立ち上る滝、色んな意味で寒々しい光景ですが美しくもあります。




「美瑛白金ホテルパークヒルズ」をチェックアウトし、クルマを走らせて美瑛市街へ。
この日の天気予報は曇りでしたが、青空がチラッと見えてきたので・・・
f0037227_20293317.jpg
今回は予定に入れてなかった、美瑛の丘巡りをすることに。
クリスマスツリーの木も、太陽の光と影、青空の組み合わせで美しい1枚が撮れました。
f0037227_20294231.jpg
パウダースノーがキラキラと輝く丘。
太陽が頑張ってくれてはいますが、気温は氷点下なので結局のところ寒いです・・・w
f0037227_20301705.jpg
美瑛でのラストカットは、鉄道絡みで締め。
神楽神社の参道にお邪魔して、鳥居のすぐ向こうを走る富良野線を。

午後からは、今宵の宿のある小樽に向けて、下道をひたすら走る。
途中、視界5mほどのホワイトアウト寸前も経験しつつ、17時前に無事到着。
f0037227_20303197.jpg
この旅の締めくくり、「運河の宿 小樽ふる川」にて、プチ贅沢な4泊目。
クルマを入れるときから丁寧な誘導、チェックイン時のおもてなし具合もあって、期待が高まる・・・!
f0037227_20304343.jpg
と、その前に、冬の小樽もサクッと観光したかったので、早速外出w
f0037227_20305569.jpg
お買い物しつつ、ど定番の小樽運河の倉庫群もパチリ。
やっぱり、小樽は冬が似合うなぁ。

小一時間の外出で、毎度のごとく身体が冷えたので、ひとっ風呂浴びて夕食タイム。
f0037227_21051712.jpg
お正月特別料理ということで、コース仕立てで料理が提供されていきます。
f0037227_21052619.jpg
見た目にも豪勢なお造り、もちろん食べてもうまい。
f0037227_21053454.jpg
小樽で採れた鮑の酒蒸し。社員旅行以来の2年振り・・・またお会いできました。
その他、サーロインステーキ、時鮭の炊き込みご飯などなど、味も量も大満足の夕食でした。
f0037227_20310736.jpg
その後は、タンノイスピーカーが音を奏でるラウンジで、コーヒーお供にまったりと。
f0037227_20312056.jpg
ずらーっと本が並んでいるので、読書に耽るも良し。
生産性に追われる日々とは対極、表現として合っているかは分からないけど、無駄の贅沢をこれでもかと堪能。
ココには書ききれないほど、様々な心配り、仕掛けがたくさんあって、ずーっと居たくなるような宿です。

時間を忘れ、しばしボケーっと過ごして、改めて温泉に浸かって、惜しいような気もしつつ4日目が終了。
いよいよ現実へと引き戻される最終日、5日目に続く。

by railstar-rikkun | 2019-01-16 21:28 | 旅の思い出 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://tec300.exblog.jp/tb/30365952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード