電車サウンドはどうだ?!「サンライズExp.」音入れ

「はまかぜ」のサウンドに気を良くして、引き続いてデコーダーを発注。
止まっていてもガラガラ言う気動車には効果バツグンですが、電車系ならどうだろうかと。
f0037227_20482598.jpg
VVVFインバーター音とミュージックホーンが聞きたくて、285系「サンライズExp.」をDCCサウンド化しました。
f0037227_20483247.jpg
デコーダーはお馴染み、クマタ貿易編集のESU LokSound V4.0なのですが・・・。
クマタさんの「サンライズExp.」サウンドはコレジャナイ感半端ないので、今回はカスタマイズでオーダー。
・・・サウンドデータのベースは223系で、ミュージックホーンなどを285系仕様にしてもらいました。
f0037227_20483980.jpg
前回の「はまかぜ」同様、モーター車は配線を済ませたデコーダーとスピーカーをデッキ部分に配置。
窓もなければスペースも広いとあって、ボディを被せてしまえばすっぽり隠れます。
画像はありませんが、先頭車には永末システム製の両極性デコーダーを割り込ませてDCC化。
f0037227_20484765.jpg
DCC化に加えて、「北斗星」で施工した側面方向幕の点灯化も一緒に。
蛍光灯色に光る専用の光源を用意して、方向幕裏にセット。
f0037227_20485246.jpg
レールオンすれば、赤地と黒地の方向幕がより一層際立つように。
タムタム室内灯の明るさと合わせるべく抵抗を選んだので、バランスのとれた光り具合かと。

止まっている間はさすがに静かですが、走り始めれば聞き覚えのあるインバーター音が。
「ドミソドー」のミュージックホーンやドアチャイムも、思わず鳴らしたくなる楽しみ。
これもまた動画が撮れていないので、またの機会に・・・。

[PR]

by railstar-rikkun | 2018-09-29 21:37 | 鉄模:DCC | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://tec300.exblog.jp/tb/30076699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード