カトー16番EF510貨物色(青)の加工

ども、RiHaです。

ネタもとい仕掛かり品がまだまだあるので、写真やクルマの合間にちょっとずつ・・・。
f0037227_19220507.jpg
カトー16番EF510形、流れ星が消えた青色の貨物仕様を加工しました。




f0037227_19221375.jpg
まずは、DCCサウンドデコーダの組み込みから。
レイリズムさん編集のESU LokSoundデコーダを、独特なライト基板を解読しつつ自力で搭載。
f0037227_19222622.jpg
これまでの加工プラン通り、運転台の色入れと機関士人形を乗車。
運転台パーツが妙な色で成形されているので、一旦クリーム色で塗り直しています。
f0037227_19223571.jpg
何もないスカートパーツは、うちでは初の金属パーツを使用して立体化。
プラ製のエアホースやアングルコックとは違って、線が細くて繊細なのが良いですね~。
f0037227_19224416.jpg
床下機器や台車、屋根上の碍子周りなど、細部の色入れ。
見落としそうになる乗務員扉のドアノブも抜かりなく。
f0037227_19225487.jpg
何もない屋根上、おでこ周りも、金属製の信号炎管、列車無線アンテナ、ホイッスルを取り付け。
パンタグラフは奮発してイモン製を搭載・・・1つ3,800円也。
出来はもちろん良いのですが、如何せんお財布に響くし、ネジ止めするという不細工さがね。。。
f0037227_19230199.jpg
ということで、以前加工した赤色のEF510には、トミックス製の分売品に載せ替え。
こちらは1つ1,200円ほどですが、出来も良いながらコストパフォーマンスが高いので安牌ですね。
あまりにゴツい純正パンタグラフとは、ついにおさらばです・・・w

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ

[PR]

by railstar-rikkun | 2018-08-15 19:52 | 鉄模:改造・加工(16番) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://tec300.exblog.jp/tb/29993278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード