富塚商会シールで16番「カシオペア」をメイクアップ:その1

思い出に浸りながら模型を触れる、我ながら良い趣味だなぁと思います・・・w ども、RiHaです。

再販品を購入してから半年ほど熟成、もとい放置していた、トミックス16番の「カシオペア」。
f0037227_22122823.jpg
この度、ようやく富塚商会さんシールを購入したので、いざ内装加工に取り掛かります。



f0037227_2213473.jpg
切り出しては貼り付けを繰り返し、じわじわとらしくなってきます。
純正では省略されている洗面・トイレの仕切りが付くと、より「カシオペア」感がアップ。
螺旋階段など構造的に貼りづらい場所もありますが、寸法精度はいつも通りのピッタリで楽ちん。
f0037227_22133437.jpg
何だかんだで足掛け1週間以上掛かってしまいましたが、4号車のツインが完成。
f0037227_2213448.jpg
かれこれ乗車してから2年半以上経ちますが、そのときの思い出が蘇ってきますw
・・・まぁ、その頃思い描いていた夢物語は、今となっては欠片もありませんが(爆
f0037227_22141196.jpg
タムタム室内灯の暖色(電球色)を取り付けて、いざ点灯!
通路側、部屋へと繋がる螺旋階段がチラッと見えて、素敵です。
f0037227_2215243.jpg
そして個室側・・・1階個室が暗い、暗すぎる。。。
実は洗面・トイレの仕切り壁を付けたことで、1階へ室内灯の光が回りづらくなるのです。
f0037227_22151974.jpg
そこは毎度お馴染み、タムタム室内灯の構造を活用して解決しちゃいます。
切り取って余ったチップLEDを追加配線し、1階個室の天井に取り付け。
f0037227_22153053.jpg
これにより2階床にポッカリ開いた導光用の穴が必要なくなるので、余った内装シールで塞いでしまいます。
配線は洗面・トイレ部分に通しておくことで、ボディを被せれば見えることはありません。
f0037227_22161273.jpg
2部屋分LEDを追加して、改めてレールオン。
これで1階・2階の個室とも、同じ明るさで光るようになりました。

号車によって光る部屋をランダムに変え、加えてブラインドの開閉を組み合わせれば・・・
12両編成中8両がツイン個室、故に窓配置がほぼ同じ車両が続く「カシオペア」。
模型的に単調になりがちなところを室内灯で一工夫してやれば、きっと抑揚がつくはず・・・!
f0037227_22171299.jpg
さて、今年3月の再販時に基本+増結Aの8両を購入した私。
先月、増結Bを買い足して、結局12両フル編成となりました・・・w
コストも手間も増えてしまいましたが、地道にぼちぼちと進めることにします。

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2015-09-27 23:22 | 鉄模:改造・加工(16番) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://tec300.exblog.jp/tb/24514758
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード