エヌ小屋で16番「トワ」内装加工:1号車スイート・ロイヤルの場合

暑くもなく、寒くもなく、ちょうど良い気候の時期ってホント少ないですね・・・。 ども、RiHaです。

引き続き、トミックス16番「トワイライトExp.」をエヌ小屋内装シートで加工していきます。
f0037227_18283956.jpg
2両目は、A個室「ロイヤル」と展望「スイート」を擁する1号車スロネフ25-500です。
今年の夏、念願のロイヤル(1号車4番)に乗車したので、私的には思い出深い車両ですw



f0037227_18365748.jpg
f0037227_18371213.jpg
アイボリー1色で成形された床板に、これまた床やテーブルを塗装した後、内装シートを貼り付けてます。
ちなみに、塗装の部分はボディを被せた後のメリハリを効かすため、あえて少し濃い目仕上げです。
f0037227_18442438.jpg
エヌ小屋初の「布シール」なるものが付属しており、ベッドやイスのモケット表現に使用します。
また、ロイヤルの通路側壁にある小窓のカーテンは、切れ端を有効活用して作ってみました。
f0037227_18544823.jpg
そして、見逃せないエラーを発見・・・。
ロイヤルの壁面、本来はシャワールーム入り口が全室左側なんですが、エヌ小屋シートでは左右両側・・・。
これだと正規の向きが不足してしまうので、コピーして8室分確保しました。。。
f0037227_18561935.jpg
コピーと言えば、こちらも私のこだわりで。
展望スイートの壁面、ちょうど模型の窓ガラスパーツ部分には、シートが用意されていません。
目立つ部分なので、2号車スイート用の壁面シートをコピーして、ガラスパーツ部分に貼り付けました。
また、ロイヤル・スイートともに、B個室カーテンの切れ端を活用して、カーテンも再現しておきました。
f0037227_19154977.jpg
それでは、前回の7号車ツイン同様、5日掛かりで仕上げた成果を・・・!
f0037227_1925122.jpg
まずはロイヤル個室。布シールが程よく生地感を主張してくれて、これはなかなか良さ気。
そして、窓際にさり気なく存在するカーテンにもご注目。
完全に開けてしまえば、ほぼ窓に掛からないですが、そもそも実車は窓が濃いスモークでしたね・・・w
f0037227_19252366.jpg
覗き込むと良く見える、通路側小窓のカーテン。
乗車したときは閉めてる率がかなり高かったんですが、模型では開いてる方を多めに。
f0037227_19254069.jpg
通路側から見ても、カーテンが開いているか閉まっているかは確認できますね。
カーテンが開いているところから、チラッと中が見えるのがまた良いw
f0037227_1950351.jpg
そして、1号車1番の展望スイート!
布シール再現のベッドに、コピーして貼り付けた両側の壁、そしてチラッと見切れているカーテン。
もはや、無機質なアイボリー1色だった頃なんて思い出せませんw
f0037227_19502831.jpg
外観面では、見逃しそうなポイントですが、カトー製品付属のシールで「架線注意」表記を貼り付けてます。

・・・果たして、引退まであと何組の方々が、この「超」特等席を体験できるのでしょうか。

7号車ツインに続いて、1号車スイート・ロイヤルがひとまず仕上がりました。
もう少しやりたい加工もあるのですが、それは持ち越し課題として熟成。
まずは、エヌ小屋シート+αで10両ひと通り完成させることを目標に頑張りますw

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2014-11-14 20:14 | 鉄模:改造・加工(16番) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://tec300.exblog.jp/tb/23282573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード