トミックス 青と銀のEF510をブラッシュアップ

時が経てば技術や視点が変わるので、過去作が劣って見えてしまうものです・・・w ども、RiHaです。

Nと16番、出来るならブログ記事では交互に満遍なく扱いたいなー、なんて理想があります。
ただ、Nでは編成でまとめて、16番では刻み刻みで記事にするので、どうしても偏ったようになるんです。
それを打開するキッカケになるか、Nでは近日公開の「隠し玉」を用意してますので、お楽しみに。

で、前回記事がNだったので、今回は16番ネタ。
E5系がひと段落し、トワは熟成中なので、久々にこの機関車を。
f0037227_21161811.jpg
トミックスの青と銀のEF510-500、過去作品で荒い加工が目立つので、ちょこっと手直しすることに。



現在では恒例の運転台周りの色入れですが、このトミックスEF510では・・・
f0037227_212721100.jpg
画像右のような簡素仕様だったので、現在の加工基準でやり直し。
3年前の加工作ですが、塗り分けはガタガタで、色入れレベルも低く、『まぁコレでいいや』感が満点(爆
f0037227_2132866.jpg
カトー製EF510の加工基準と合わせるべく、ヤフオクで仕入れた仕切りシート、運転士人形も合わせて。
1本500円のちょいと高級な筆を購入したため、細かい箇所の塗り分けがかなり楽になりました。
・・・道具類の設備投資でケチっちゃダメですねw
f0037227_21511356.jpg
EF510の機械室の明かり窓は大きめなので、仕切りシート付属の表現シートがかなり効果的です。
f0037227_2241888.jpg
カトーの赤いゴトーさんでも施工済みですが、紹介しそびれたので・・・。
塗料が吹き込んで、運転台上部がボディ色になってしまっているので、グレーで筆塗りしてあります。
f0037227_2235920.jpg
目線を下げて見たときに、運転室屋根のボディ色が見えてしまい雰囲気台無し!とならないようにするためです。
ローアングルで写真を撮っても全く問題なし、まさに自己満足な加工ですw

これで、トミックスEF510青・銀も現在の基準にブラッシュアップされました。めでたし、めでたし。
f0037227_22192137.jpg
続いては、「トワ」への腕慣らしを兼ねて、「北斗星」客車にフォーカスを当てることにします。

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2014-05-25 22:23 | 鉄模:改造・加工(16番) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://tec300.exblog.jp/tb/22130739
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード