25年目の豪華寝台特急:トミックス 24系「トワイライトエクスプレス」

果たして、我が家の「トワ」は「はまかぜ」に代わるフラッグシップとなれるのか・・・?w ども、RiHaです。

年を跨いでしまいましたが、機関車に続いて見所たっぷり?の客車のインプレッションをお送りします。
f0037227_22224880.jpg
トミックスの24系客車「トワイライトエクスプレス」です。
10両フル編成で、機関車と合わせて購入額はぶっちぎりの過去最高額(諭吉さん13枚也)。
レジで支払いの際、切なくも感じましたが、このために頑張って貯金したので・・・。



f0037227_22425376.jpg
f0037227_22413498.jpg
ホワイトバランスが揃ってませんが、編成サイドビュー。
大きさから来るものもありますが、この深緑の車体は存在感ありますねー。
f0037227_22352442.jpg
トワ釜と同じく、上品なツヤのある塗装は客車でもバッチリ。
カニ・スロネフのトレインマークは専用のLEDが用意されているので、前後進ともに点灯するリッチ仕様。
1枚目の画像のように、機関車のすぐ後ろのトレインマークが実車同様に点灯します。
f0037227_2361140.jpg
ちょっと大変ですが、エンド表記や所属表記などはインレタで貼り付けます。
正直、検査表記以外は印刷済みの方がありがたいですけどね・・・。
ちなみに、その検査表記はとある理由より貼り付けておりません。
・・・その理由は追々、加工記事内で書いていくつもりです。
f0037227_23175136.jpg
「トワ」初乗車時の印象がとにかく強いので、大阪行きの第2編成に設定。
室内灯を点けると、行先表示幕に加えて、ドア上の寝台表示もやんわりと点灯。
ただ、車両によって光り具合がマチマチで、暗い車両もあり・・・これは要検討です。
f0037227_23253852.jpg
3回乗車して、3回ともお世話になったB個室ツインとシングルツイン(5~7号車)。
ソファ状態で再現されているので、出発時のイメージでしょうか。
f0037227_23372388.jpg
4号車「サロン・デュノール」、私個人的には「トワ」の顔だと思っている車両です。
第1・第2編成で煌びやかに輝く金ピカの手すりは、わざわざ金属製で再現してくれました。
ただ、このままだとアイボリー1色の内装が見るに堪えられません・・・w
そして、内装の色と相まって、室内灯の色が黄色っぽく見えてしまうのも、何だか頂けません(汗
f0037227_23464535.jpg
3号車「ダイナープレヤデス」、豪華絢爛な食堂車です。
トミックス16番お馴染みのカーテンパーツに、実車では電動のカーテンは模様が印刷された塩ビ板。
立体感のあるカーテンと、ぺらっぺらのカーテンが共存するのは変な感じですが、ないよりはマシですね。
ちなみに、室内灯はタムタムの暖色室内灯、食堂車の調理室はF MODELSのillumiを使用しています。
・・・電源車のカニさんは、余っていたトミックス純正の白色で、何と3社の室内灯が入り混じっておりますw
f0037227_23541621.jpg
1・2号車のA個室ロイヤルとスイート。
スイートルームのソファは青色で塗装されており、アイボリー1色の中で存在感があります。
ベッドやテーブル、テレビまで再現されているので、手を入れるのが楽しそうですw
f0037227_055757.jpg
で、室内灯を入れてみると、光が回りきらない車両があることが判明。
画像は8号車Bコンパート(オハネ25)ですが、中央部分が暗いです。
同じく、1号車A個室の中央部も、8号車ほどではありませんが暗くなります。
屋根を開けてボディに室内灯を搭載するタイプの車両では、構造上こうなってしまう模様・・・要対策です。
f0037227_055063.jpg
ちょいちょいと不満はあるものの、それぞれは微々たるもの。
全体としては素晴らしく良い出来で、貯金した甲斐がありましたw
あとは、このハイレベルな製品をどこまで手を入れて、愛着ある模型に出来るか、ですね!

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2014-01-12 00:17 | 鉄模:新規導入(16番) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://tec300.exblog.jp/tb/21259829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード