札幌~旭川の俊足特急:エンドウ 789系1000番台

恐ろしや、じわりと増え続けるブラス製北海道コレクション。
・・・プラ製で手に入れるようになるのは難しそうですし。。。
f0037227_21381561.jpg
現在では「L特急」でも「スーパー」でもなくなった、特急「カムイ」789系1000番台!
JR北海道の特急列車らしい顔立ちとラインカラー、そして銀色の車体がいかにもスマートでカッコいい。
f0037227_21382236.jpg
マイクロエース製Nゲージと同じく、こちらも大人の事情により列車名が入らない仕様。
故に、ヘッドマークはJRマーク表示だし、側面方向幕も何となくそれらしい雰囲気で再現されています。
f0037227_21383123.jpg
正面からのお顔アップ。面長なスタイルがカッコええ~。
ここはぜひともトレインマークを「スーパーカムイ」にしたい・・・用意しとかないと。
個人的には、連結器カバーの取っ手が浮いてる辺りもツボですw
f0037227_21383987.jpg
当たり前ですが、パンタグラフ周りもオール金属製で、碍子といい配管の浮いた具合といい、素敵です。
・・・黒いビスで留めてるのが結構気になるんですが、ブラス製では標準ですもんね。
f0037227_21384501.jpg
号車やUシート表示類のピクトグラムは鮮明に印刷されていて、良い雰囲気。
床下機器カバーのグレー・銀の塗り分けも良いんですが、肝心の車体色が1色でのっぺりした具合。
実車も見ようによっては同じ色に見えますが、先頭部、車体、ドアでは素材が違うのでね・・・。

どこからどう見ても「スーパーカムイ」ではあるものの、ブラス製高級車なのに残念な部分もちらほら。
多分これは、普段からよく出来すぎたプラ製車両を見慣れているからだとは思いますが・・・。
いつもの如く加工プランが頭に浮かんできているので、ぼちぼち触ってみますかね。

# by railstar-rikkun | 2019-03-10 22:24 | 鉄模:新規導入(16番) | Trackback | Comments(0)

「はまかぜ」方向幕遮光処理

見れば見るほど気になっていく、方向幕フチの光漏れ。
f0037227_23374749.jpg
結局、内装シールを剥がしてから窓パーツを取り外し、遮光処理しました。
具体的には、方向幕周囲に黒色塗料をベタ塗りしています。
前回の状態に比べれば歴然。やっぱり、コレですな。

改めてこの模型を触っていると、労力を掛けた分だけの苦労や思い出が蘇ります。
本当なら全部の車両がそう出来ればいいんでしょうけど、アレコレと買えるようになるとそうはいかない・・・。
この16番「はまかぜ」は、うちの模型観を示す紛うことなきフラッグシップ。
色々と弄り倒したので今はかなり満足していますが、何か思い立ったときには、また手を入れることでしょう。
f0037227_23405709.jpg
話は変わって、先日日本橋の亀屋さんで模型をひとっ走りさせてきました。
エンドウ改のキハ150とユートレのキハ40を引っ付けて、脳内は完全に富良野線ごっこですw
f0037227_23413073.jpg
そのついでに、難波にあるRETHINK CAFEに寄り道。
去年5月からPloomユーザーになったので、コーヒーお供にまったりと。
f0037227_23413753.jpg
気付いたらPloom3兄弟が揃い踏み。
TECHから手を染めて、高温加熱のSに浮気して、やっぱり低温加熱が良いねとTECH+へ流れ着く。
一理もないことは重々承知の上ですが、加熱式で周りへの配慮はしてますよー、とアピール。
・・・今の会社を辞めたら止めれる自信があるけど、そのときはいつになるやら。

# by railstar-rikkun | 2019-03-08 00:16 | 鉄模:改造・加工(16番) | Trackback | Comments(0)

「はまかぜ」方向幕点灯化&カンタムDD51修理送り

先日DCC化した「はまかぜ」ですが、ひとつ積み残していたことがありまして・・・
f0037227_20123570.jpg
西日本の特急車ならでは、黒地の方向幕を光らせるようにしました。
モーター車のデコーダをデッキ部分に載せたこともあり、その処理方法に時間を費やしまして・・・。
f0037227_20124391.jpg
仕掛け的にはこれまで通り、方向幕裏にチップLEDを配置する方式で施工。
・・・光漏れを何とかしたいのですが、内装加工で弄り倒したために窓パーツが外せない状態でして(爆
でも、やっぱり気になるので、これから車内側でできる限りの遮光処理はしようと思います。。。

DSair2を導入してから、机の上で代わる代わる車両を走らせていたら・・・
f0037227_20125051.jpg
北斗星色のカンタムDD51がウンともスンとも言わないという・・・。
原因がさっぱり分からないので、銀座方面へ2週間ほど修理に預けていました。
f0037227_20130180.jpg
どうやら基板にくっついているコンデンサーが悪さをしていたらしく・・・ただ、根本的な原因は分からず。
コンデンサーは消耗品なので、寿命がきたということ・・・かな?
それなりの修理代は掛かりましたが、無事に治って何よりです。良かった、良かった。

# by railstar-rikkun | 2019-03-04 20:46 | 鉄模:DCC | Trackback | Comments(0)

DSair2 新コマンドステーション導入

今回は、DCCをするにあたって必要不可欠なコントローラー(コマンドステーション+スロットル)のお話。
ご多分に漏れず、私もカトー扱いのD101でスタートしました。
その後、フルファンクション操作ができるD102、増設スロットル(UT4)を買い足していきました。

あれやこれやと遊んでいると、次第に出てくる不満。
「動かす車両が複数になると管理しにくい」
「重連運転の登録・解除がややこしい」
「CV値の書き込みができても読み込みができん」
など、細かいながらも色々と不便に感じてきたので・・・
f0037227_23445087.jpg
Desktop Stationさんが販売されている「DSair2」を導入しました。
コマンドステーションの機能がこの白い箱で完結しているので、持ち運びにも便利なコンパクトサイズ。
f0037227_23445708.jpg
あとは、ACアダプターとスロットル役のスマホorタブレットを用意すれば、準備完了。
FlashAir(無線LAN機能つきSDカード)でデータをやりとりするため、ルーターやPCは不要。
f0037227_23450599.jpg
スマホでの操作画面をスクリーンショット。
4.7インチのiPhone6Sでも操作性は良好で、タイムラグも感じないので気持ちよく運転できます。
4アドレスを同時管理できるので、複数車両の操作も画面ひとつ、重連運転もワンタップで可能。
f0037227_23451228.jpg
CV値の読み書きも問題なく行えて、ポイント操作もできて、レール配置図を描くことも可能。
指先でタップするだけ、DCCをスマホの画面上で遊べます。それもなに不自由なくね。
f0037227_23451800.jpg
そして、DCCだけでなくDCパワーパックモードもあり。
コレ1台とスマホがあれば、デジタルもアナログも両方遊べてしまうからスゴイ。

そんな高機能コマンドステーションを手にして、DCC入門したての頃のように毎晩遊んでいる私・・・w
Z21と比べてもコストパフォーマンスが良いし、何より国産なのが良いじゃないですか。
これからDCCをはじめたい人にも、すでにDCCを楽しんでいる人にもオススメです。

# by railstar-rikkun | 2019-02-14 01:14 | 鉄模:DCC | Trackback | Comments(0)

DCCサウンド「はまかぜ」「サンライズExp.」走行シーン

長らくお待たせを致しました・・・(汗
DCCサウンドを載っけた2車種の動画、ようやく撮影できました。。。
ディテールや光は画像でも伝わりますが、音に関しては動画でとくとお聞きいただければと。

まずは、キハ181系「はまかぜ」。
レンタルレイアウトの亀屋さんで撮影したものなので、少々聞き取りにくいかもしれません。

続いて、285系「サンライズエクスプレス」。
部屋の明かりを落として、東京駅22時ちょうど発、みたいな設定で撮影w
ちなみに特徴的なVVVF音は個人的に野暮ったく感じてしまったので、消音にしてあります。

今回285系でインバーター車を初DCC化したのですが、正直モーター音はいらないという結論に至りました。
クマタ貿易さん編集データをそのまま使っている現状ではあるのですが、ちょっとイメージと異なる。。。
サウンド編集は難しいと聞いてはいるので、その点も今後自力で挑戦してみたいなぁと思った次第です。

日本型で楽しむDCC、色々な面で茨の道でありマイノリティな世界。
これからも首を突っ込んでいくつもりなので、そんな楽しさが伝わると良いなぁ。

# by railstar-rikkun | 2019-02-11 22:20 | 鉄模:DCC | Trackback | Comments(0)

北海道のまんなかを走る気動車:エンドウ改 キハ150形 富良野線

先日、縁あって16番既製品では存在しない、レアな車両を手に入れることができました。
f0037227_20171165.jpg
ラベンダーカラーがアクセント、JR北海道キハ150形富良野線仕様。
エンドウ製キハ110形をベースに改造された、好きな人が限られる非常にニッチな模型です・・・w
f0037227_20171833.jpg
カトーからキハ110が製品化されて、そのうち作りたいなぁーと思っていた車両。
ざっくり似ているけど、調べてみると実は結構違う。
そのひとつ、特徴的な4灯ヘッドライトもチップLEDを使って再現されてます。
f0037227_20172508.jpg
キハ110ではヘッドライトのところ、キハ150ではテールライトに変身。
その他車体裾やスカートの形状もきっちり押さえられており、紛うことなきキハ150の姿にヨダレもの(爆
f0037227_20173211.jpg
単行でコトコト走らせるも良し、ユートレのヨンマルと繋げるも良し。
超絶怒涛ディテールなヨンマルにも負けない存在感、素敵です。

16番で増えてゆく、我が北海道コレクション。
これからもぼちぼちと集めたいな・・・一般型も良いけど特急型も欲しいよね?ね?

# by railstar-rikkun | 2019-01-25 20:58 | 鉄模:新規導入(16番) | Trackback | Comments(0)