人気ブログランキング |

ROCO Line with beddingを本格投入

Lippeに発注していたHO用線路一式が到着しました。
ROCO Line with beddingを本格投入_f0037227_22132984.jpg
部屋いっぱいに線路を敷き詰めるべく、駅をイメージした待避線込みのエンドレス一式です。
・直線G1(230mm)6本、G4(920mm)×4本、フィーダー線路G1/2(115mm)2本
・曲線R10(R888mm)15度×24本、R20(1962mm)5度×2本
・ポイントWr10×2本、Wl10×2本
今回は長旅でのくたびれ感がすごくて、段ボールはもとより中のパッケージもぐしゃり・・・モノは無事ですけどね。
ROCO Line with beddingを本格投入_f0037227_22133077.jpg
中身を抜粋して、日本ではあまり見かけない「ROCO Line with Bedding」をご紹介。
直線の基本長さは230mm、HOユニトラックが246mmですから、それよりも少々短い。
曲線も緩急豊富にラインナップがありますが、今回はポイントも含めてゆるーいものをチョイス。
今回、ポイントは2方分岐のみ購入しましたが、3方分岐、カーブ分岐、ダブルスリップと様々用意されてます。
ROCO Line with beddingを本格投入_f0037227_22133052.jpg
見た目にもガッシリな線路は、裏側もそこそこ丈夫そうな作りで、ブラスの重量級でも安心?
レール直下の梁部分でしっかりと支えつつも、道床の肩部分は柔らかいゴム製。
線路を繋げるとき、その柔らかさが悪さをして力を入れづらく繋ぎにくい。パチンパチンとはいかない。。。
ROCO Line with beddingを本格投入_f0037227_22133050.jpg
絶妙な繋ぎにくさに格闘しつつも、オールROCO製線路でエンドレスを組んで走らせてみました。
繋げばジョイナーもしっかりしていて電圧降下が少なく、ユニトラックに比べてゴーッという反響音が少ない。
カントはついていませんが、半径888mmのゆるやかなカーブは大柄な車体でも見栄えが良い。
ROCO Line with beddingを本格投入_f0037227_22133080.jpg
いつホームが設置できるか分かりませんが、一応は駅を想定したゾーンにて。ゆるーいポイント分岐が素敵でしょ?
実在の駅から線形を引っ張ってきまして、安全側線のあるローカル駅だけど優等列車が通ってもよし、という想定。
まぁ、さしずめ舞台は北海道ですw

緊急事態宣言が解除されても油断ならないので、もう少しステイホーム、床に寝そべりながら休日を楽しもうっと。

# by railstar-rikkun | 2020-05-26 23:08 | 鉄道模型(鉄模) | Trackback | Comments(0)

Modellbahnshop-Lippeでいろいろ輸入してみる

新緑がきれいだなぁ~と思いながら、撮影はもとよりお出かけを控える今日この頃。
ステイホームということで、オンラインショップや宅配の方々には感謝の念を抱きつつの通販生活。
Modellbahnshop-Lippeでいろいろ輸入してみる_f0037227_22565501.jpg
ドイツの鉄道模型ショップ「Modellbahnshop-Lippe」より、いろいろと通販してみました。
注文した品が一部欠品だったり、海外発送便の停止など、何やかんやで発注から3週間ほどかかりました。
その旨のメールはもちろん英語で、返信するのにちょっと緊張したのは内緒・・・w
Modellbahnshop-Lippeでいろいろ輸入してみる_f0037227_22565519.jpg
長旅をしてきた段ボールを開けて、中身を確認。
ESU デコーダテスターとLokSound5 microを2つ、ROCO フレキシブルレールと道床を各4つ。
Modellbahnshop-Lippeでいろいろ輸入してみる_f0037227_22565503.jpg
16番の線路はカトー製を使ってきましたが、ジョイント部分の電圧降下とバリエーションの少なさがね・・・。
メーカー乗り換えを視野に今回、ROCO製「Roco Line with Bedding」シリーズをお試しで、まずは直線を発注。
カトー製と比べると道床部分が大柄で、一見すると同じゲージ幅とは思えないほど。
枕木の裏はガッシリと梁が入っていて、だけど道床の肩部分はゴムでできているという面白い作り。
見た目も良くて丈夫そうだし、ポイントのバリエーションも豊富・・・いいんじゃない?!
ということで、エンドレスが組めるようにカーブやポイントなどひと通りの線路をLippeで追加発注済み。
Modellbahnshop-Lippeでいろいろ輸入してみる_f0037227_22565521.jpg
そして、昨年末に発売されたトミックスのキハ261系1000番台、私も漏れなく購入済み。
プラ製の旨味が凝縮された、非の打ちどころがない作りは見事ですな。
今回Lippeで購入したデコーダとオープンサウンドデータを搭載して、DCCサウンド化します。
合わせて、よりカッコいい姿にするべく、ちょい加工もしましたので、紹介はまた次回。

# by railstar-rikkun | 2020-05-16 23:46 | 鉄道模型(鉄模) | Trackback | Comments(0)

4月7日 福知山線の春模様をサクッと撮る

残念ながら、2020年春の撮り収めになるであろう撮影。
兵庫県内ではありますが、新天地の福知山線沿線で桜を探してみました。
4月7日 福知山線の春模様をサクッと撮る_f0037227_22025510.jpg
良い天気に、満開の桜、そして平日ということもあって貸し切り状態。
まるで時間がゆっくり流れているかのような、まったり気分でパチリ。
4月7日 福知山線の春模様をサクッと撮る_f0037227_22025567.jpg
川沿いの桜並木、お花見には最高ですが、鉄道と絡めるとなると難易度高し。。。
4月7日 福知山線の春模様をサクッと撮る_f0037227_22025666.jpg
並木感をしっかり出してみたけど、せっかくの流線型特急がちっちゃいな・・・。
来年の春は『去年はああだったなぁ~』なんて振り返りながら、この桜を楽しめますように。

この日の夜、コロナウイルスによる緊急事態宣言が発出。
仕事は the・現場ですので変わり映えしませんが、休日は大人しく自宅で過ごす今日この頃です。
・・・写真撮影できないのも歯がゆいですが、何せ温泉に行けないってのが一番痛い。

# by railstar-rikkun | 2020-04-24 22:44 | 撮影記録 | Trackback | Comments(2)

4月4日 桜と菜の花に彩られる列車たち

桜×サンライズExp.早出撮影の続き。
場所を変え、色々な場所の春模様を愛でることに。
4月4日 桜と菜の花に彩られる列車たち_f0037227_20451522.jpg
姫新線の太市駅近くの川沿いに咲く桜と菜の花。
これぞ春爛漫!な1枚。
4月4日 桜と菜の花に彩られる列車たち_f0037227_20451590.jpg
川に降りて撮ってみたり、橋の上から撮ってみたり。
4月4日 桜と菜の花に彩られる列車たち_f0037227_20451623.jpg
山陽電車網干線沿線の桜並木。
人通りが多い場所なので、撮るには難しい場所ですが。。。
4月4日 桜と菜の花に彩られる列車たち_f0037227_20451646.jpg
普通列車も良いけど、新幹線と桜も撮ってみたい。
姫路駅近くの河川敷で、夕刻を走る500系とともに。
4月4日 桜と菜の花に彩られる列車たち_f0037227_20451630.jpg
日が暮れても、バシバシやってくる新幹線。
新幹線と桜のコラボもまた良いもんだなぁ。

# by railstar-rikkun | 2020-04-16 21:07 | 撮影記録 | Trackback | Comments(0)

4月4日 桜×サンライズExp.のリベンジ!

去年の失敗を繰り返すべからず。
と心に誓って、今年も上郡の桜とサンライズExp.のコラボを狙います。
4月4日 桜×サンライズExp.のリベンジ!_f0037227_22090465.jpg
午前3時半に出発、もはや夜なのか朝なのか・・・なんて思いながらクルマを西へ。
去年の初訪問で魅了された、線路すぐ近くの桜並木に到着。
本チャンの前に通過するゴトーさん牽引の貨物列車を1枚。
4月4日 桜×サンライズExp.のリベンジ!_f0037227_22092497.jpg
構図を整えて、いざ「サンライズエクスプレス」をお出迎え。
アンバーな室内灯が写り込んで、良い感じ。
4月4日 桜×サンライズExp.のリベンジ!_f0037227_22092457.jpg
朝日が昇れば随分と暖かくなって、絶好の撮影日和。
そして、ココの桜は今年も素晴らしい咲きっぷり。
4月4日 桜×サンライズExp.のリベンジ!_f0037227_22092400.jpg
桜並木が程よく溶けてくれたらいいなぁ~と、思い切って流し撮り。
4月4日 桜×サンライズExp.のリベンジ!_f0037227_22092485.jpg
場所を変え、山の上から列車を狙う。
旬が過ぎていたようで、桜のボリュームがイマイチでしたが・・・。
4月4日 桜×サンライズExp.のリベンジ!_f0037227_22092526.jpg
またまた場所を変え、去年も訪れた立派な桜の木が佇むポイントで。
・・・この後もまだ撮っていますが、長くなりそうなので次回に続きます。

撮れるときに撮っておきたい、季節の移ろい。
今年も彩り溢れる時期が始まりましたが、コロナウイルスが蔓延るご時世によりしばしのお預け。。。
制限のない日常が早く戻ることを祈りながら、今は自粛という名の我慢、辛抱を続けるしかありませんね。

# by railstar-rikkun | 2020-04-12 22:30 | 撮影記録 | Trackback | Comments(2)

2020冬 SL冬の湿原号とスーパーおおぞらを撮る(その2)

2泊3日で無理やり?道東への旅。
今回の撮影でSL冬の湿原号と2本柱にした「スーパーおおぞら」。
ダイヤ改正前の「スーパー」がまだ残るキハ283系を追いかけた模様をお届けします。
2020冬 SL冬の湿原号とスーパーおおぞらを撮る(その2)_f0037227_19364118.jpg
2日目、ホテルを早めにチェックアウトして、SL撮影前に1枚撮ることに。
スーパーおおぞらを待っていると、反対方向からタラコ色のヨンマルが通過・・・不意を突かれたので構図が。。。
2020冬 SL冬の湿原号とスーパーおおぞらを撮る(その2)_f0037227_19364131.jpg
そして、本命「スーパーおおぞら」様が颯爽と通過。
日は陰ってしまいましたが、SSを1/500にして「SUPER OZORA」のLED幕を切らすことなく撮影。

この後、SL撮影で1日を費やすと、すっかり日が落ちて・・・
2020冬 SL冬の湿原号とスーパーおおぞらを撮る(その2)_f0037227_19364148.jpg
想像以上に辺りが暗くなりましたが、ヘッドライトに照らされてレールがきらりと輝く姿を。
2020冬 SL冬の湿原号とスーパーおおぞらを撮る(その2)_f0037227_19364292.jpg
もう少し引き寄せて、1枚。
キハ283系でも、やはり「スーパー」の姿をカチッと写真に残したい・・・目標達成。
しかし、こんな暗くともα7ⅢのロックオンAFは一切惑わないんだから、大したもんです。
2020冬 SL冬の湿原号とスーパーおおぞらを撮る(その2)_f0037227_19364272.jpg
この日は、帯広駅近くのホテルへチェックイン。
お部屋の窓からは根室本線がバッチリ見えます・・・さすがはトレインビュープラン。
2020冬 SL冬の湿原号とスーパーおおぞらを撮る(その2)_f0037227_19364205.jpg
冬の帯広の街に、キハ283系が滑り込む。
2020冬 SL冬の湿原号とスーパーおおぞらを撮る(その2)_f0037227_19364225.jpg
翌朝、札内川に架かる鉄橋でキハ283系を1枚。
暖冬とはいえ、北海道の冬、やはりしばれます。
2020冬 SL冬の湿原号とスーパーおおぞらを撮る(その2)_f0037227_19364286.jpg
芽室岳を背景に、ヨンマル3連。
雪化粧した山々と冬晴れに恵まれて、絶好の撮影日和。
2020冬 SL冬の湿原号とスーパーおおぞらを撮る(その2)_f0037227_19364285.jpg
JR北海道これからの主役、キハ261系。
新色に統一されて、これまた良い編成美。
2020冬 SL冬の湿原号とスーパーおおぞらを撮る(その2)_f0037227_19364202.jpg
そして、ベテランでありながらも老いを感じさせないキハ283系。
同じ構図でも、車体を傾けてカーブを走破する振り子車のダイナミックさは代えがたい。

限られた日程で2本柱を追いかけるのは、もちろん撮り切れないし、疲れますが、いいリフレッシュになりました。
北海道、やっぱり何度行ってもいいとこだぁ。

# by railstar-rikkun | 2020-03-15 20:19 | 旅の思い出 | Trackback | Comments(0)