カトー「リレーつばめ」室内加工その4:3号車

人生初の献血・・・400mlの血液が私の体内から旅立っていきましたw ども、RiHaです。

先週水曜日、人生初の献血、してきました。
赤十字さんがうちの学校に出張訪問されたので、せっかくの機会は逃しません。
問診、検査も難なくパスして、規定量をしっかり引き抜かれてきました(ォィw
これからも、献血できるような健康な身体でありたいものです。

カトー787系「リレーつばめ」の室内塗装、いよいよ最終回です。
トリを飾るのは、実際に私も乗車したことのある2号車です。
f0037227_23143987.jpg
座席と壁を塗装して、はい完成・・・ではありません。
f0037227_23171218.jpg
2号車に関しては、窓がない部分に座席があることに加えて、座席配置も異なります・・・。
スルーするのも嫌なので、勢いに任せて加工開始w
まずは、2エンド側(山側)の窓がない部分にある座席を撤去して、2人掛けから1人掛けに加工します。
f0037227_23261248.jpg
続いて、1エンド側(海側)の座席1列を一旦撤去して、1人掛けに加工後、再設置。
2エンド側から撤去した座席も、こちら側に据え付けます。
f0037227_23344425.jpg
仕上げに、荷物置きに見立てたプラ板を立てて、完成です。
床面こそ少々の傷はありますが、いかにも加工しました感は出てないのでは?と自負してますw
まぁ、ここまでしても、走らせてしまえば気付いてもらえない、些細な加工です・・・。
自己満足、バンザイ!w

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2012-02-25 23:59 | 鉄模:改造・加工(N) | Trackback | Comments(0)

カトー「リレーつばめ」室内加工その3:1・6・7号車

学食の定食が自分の前で売り切れた・・・あぁ、せっかくのハンバーグが・・・w ども、RiHaです。

カトー787系「リレーつばめ」の室内塗装、まだまだ続きますw
前回までで3・4・5号車が完成、今回は1・6・7号車です。
f0037227_23381798.jpg
まずは、先頭グリーン車の1号車。
DXグリーン席部分(模型ではライトユニット)へと繋がる仕切りをプラ板で新設。
床下を含めて、それらしい塗装で済ませました。
塗料は、前回までに使用した塗料で済ませているので、省略します。
f0037227_23435817.jpg
続いて、博多寄り先頭車の7号車。
荷物スペースの仕切りを新設し、塗装。
運転席側から4列(模型では2列)は座席の色が異なるので、そこも抜かりなく再現しました。
ちなみに、グリーン系座席の塗料にはタミヤのコックピットグリーンを使用しました。
f0037227_23474243.jpg
最後に、6号車。
荷物スペースの仕切り、デッキ部と繋がる壁を新設し、ほんの少し飛び出た背もたれを塗装しました。
模型ではモーター車なので、これ以上のことはできません・・・w
座席の塗料には、タミヤのレッドブラウンを使用しました。

さて、残るはいよいよ2号車のみ。
ちょっと面倒な作業が入ってきますので、また次回紹介します。

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2012-02-21 23:57 | 鉄模:改造・加工(N) | Trackback | Comments(0)

カトー「リレーつばめ」室内加工その2:3・5号車

「己」を引き出していく上で、確実に上位者の鼻に付く存在と化する・・・止むを得ない。 ども、RiHaです。

人間というのは感情が入りますから、本来考え方は十人十色のはず。
しかしながら、どうしてか概念を1つに統一したがる・・・しかも、間違った概念にね。
たとえ正当な意見だとしても、それが少数(1人)なら無力に等しく、無駄足なのが現実。
かといって、そこで食い下がってしまうと自分自身に納得がいかないし、許せないし、嫌。
だから、私が私である以上は、1度非道と認めれば徹底的に食らいつきます。
・・・仕事となれば多少の制御はかけなければなりませんが、その他趣味であり学生での私は例外です。
このマインドを与えてくれた母に感謝・・・ありがとう。

さて、引き続き、カトー787系「リレーつばめ」の室内塗装です。
何だか調子が良いらしく、先週中に2両も仕上がりましたw
f0037227_23324430.jpg
まずは、3号車。
座席パーツが「つばめ」仕様の使い回しなので、実車に合わせて座席を撤去。
また、車両中央は荷物スペースなので、プラ板で壁をそれらしく。
座席にはGMカラーの近鉄オレンジ、荷物スペースの壁にはタミヤのダークグレーを使用しました。
f0037227_2337429.jpg
次に、5号車。
3号車と同様に座席を撤去して、荷物スペースの壁を立てました。
この座席はタミヤのダークグレーを下地として、スモークを上塗りしています。
f0037227_23442164.jpg
パーツ流用によってドア部分にも座席があるという、ちょっと前のGM完成品仕様・・・w
もちろん、ここも抜かりなく撤去して、デッキと室内を隔てる壁を新たに立てておきました。
ちなみに、床面の塗装はズボラしました・・・実車の雰囲気を再現できそうにないので。

先週末、室内灯クリアを手に入れて、1人でニヤニヤしているところです。
これが2,700円(6両分)なんだから、買わない訳がない。
むしろ、カトー製品全車に入れたいぐらいです・・・w

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2012-02-14 00:58 | 鉄模:改造・加工(N) | Trackback | Comments(0)

周囲の一線を越える

何でもかんでも周りと同じことをすれば正解だなんて・・・ふざけんな。 ども、RiHaです。

ここ最近、悩むことが多くなりました。
もちろん、就職活動に関連してのことです。

学校の連中仲間といえば、「大企業が良い」だとか、「とりあえず受けよう」だとか。
何故、この時代にそこまでネームバリューにこだわる必要があるのか。
何故、手当たり次第に興味の薄い企業までもエントリーする必要があるのか。
こんなの、そこらの大学生がやってることと同じです。
ただでさえ大卒の就職率が6割の時代なのに、同じことをやって専門学校生が内定を取れる訳がない。

ある鉄道会社に会社訪問したとき、どうにも納得がいかなかったことがありました。
・・・ある質問を投げかけたところ、誠心誠意ある返答が帰って来なかったことに幻滅。
いくら企業として立派であったとしても、そこで働く人間がどうなのか。
仕事として、働く場として、しっかり見極めるのは当然のことです。
しかしながら、他の連中はどう考えても、趣味の延長線上で事を進めている。
趣味と仕事、一緒にするような人間が、内定を取れるとは考えられない。

他の連中との温度差、考え方の違いに、正直参っちゃいます・・・。
教師も教師で、当たり障りのないようなことをさせようとするから、ホント疲れます。。。
私が『大企業に興味はない』と言えば、「えぇー?!」だって。ふざけんな。

・・・言葉が荒々しくなったことをお詫びいたします(汗
お口直しに、良さ気なCM(PV)を見つけたので紹介します。

いやぁ、良い話だなぁ。
私にとってのクルマも、いつまでもこんな存在であり続けて欲しい。
人間とクルマとの繋がりであったり、時にはクルマが人間と人間とを繋ぎ合わせたり。
そして、自分だけの「物語」を創っていく、と。
それにしても、BRZかっちょえぇですなw

ではでは、今日はこの辺でー。
[PR]

by railstar-rikkun | 2012-02-10 00:38 | 雑談 | Trackback | Comments(0)

カトー「リレーつばめ」室内加工その1:4号車

手が汚れているのではありません。モデラーの頑張りを表す証ですw ども、RiHaです。

トヨタ「86」とスバル「BRZ」が、ついに正式発表されました。
何はともあれ実車が見たいので、いずれはディーラーへ冷やかしに行く予定w
公式HPで試しに見積もりしてみたら、諸経費合わせて300万円オーバー・・・。
結局は、若者向けなんてのは無理で、ちょっと小銭を持った方向け、ということですか。。。
ザックリ言えば、この時代に生まれた私が悪いということですね・・・なるほど分かりました(爆

先日我が家にやってきた、カトーの787系「リレーつばめ」。
早速、室内の加工に入りまして、ひとまず1両が完成。
主に休日作業なので、進み具合にダラダラ感が否めないのはお許しを・・・。
f0037227_2256560.jpg
まずは、元ビュッフェ車の4号車です。
製品のクリーム1色から、必要最低限かつ、それらしい塗装で済ませました。
セミコンパートメントのライトグレーの仕切りは、追加でプラ板を立ててそれとない雰囲気を。
どうやら床の色が濃い印象なので、以降はもう少し淡い方向で仕上げます。

一応、参考までに使用した塗料を挙げておきます。
座席はGMカラーの阪急マルーン、仕切りはGMカラーの近鉄オレンジとタミヤのスカイグレー。
セミコンパートメントのテーブルは下地に近鉄オレンジ、仕上げにクリアオレンジで木の光沢を表現。
f0037227_23125574.jpg
続いては屋根上、パンタグラフ・碍子周り。
碍子は主張し過ぎることなく、やんわりと存在感を出すような色味にこだわりました。
・・・うちの885系にも近く塗装予定。
この塗料には、タミヤのコックピットグリーンを使用しました。

さて、来週末にも1両くらいは仕上がるかな・・・仕上がるといいなぁ(ォィw
ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2012-02-05 23:37 | 鉄模:改造・加工(N) | Trackback | Comments(0)