トワイライト貯金始まる・・・?

一段と寒くなって、早速、喉に違和感を感じるという有様・・・w ども、R.Hakozakiです。

リニア・鉄道館のレポで紹介できなかった、11月のクラブ定例会での模様をちょこっとだけ。
f0037227_23464384.jpg
ツヤテカに仕上げた、トミックスのN700系R10編成。
例のホワイトパール作戦は効果がないようなので、またの機会があれば別な方法で。
やはり未塗装ボディは、蛍光灯の光でも変色してしまうとのこと(実例あり)。
10年、15年後の悲惨な姿を見たくなければ、クリア塗料でのコーティングをオススメします・・・w
f0037227_23595530.jpg
カトー新製品の「トワイライトエクスプレス」!
画像1枚目に写っていますが、EF81のギラッと輝くヘッドライトが素晴らしいです。
わざわざ自社開発した電球色LEDということで、今後はこの仕様とのこと。
f0037227_055643.jpg
スロネフ25は、トミックス製品には再現されなかった雨樋も抜かりなく。
1年と2ヵ月後、研修旅行という名の「卒業旅行」で乗る予定なので、買うならその辺りかなぁ。
実際に乗った車両が、プロトタイプの第3編成ならば迷わず購入するでしょうw

そんな、クラブ運転会で大活躍中のトミックスのワイヤレスコントローラー。
もちろん私物ですので、家から持ち出すわけですが・・・
f0037227_027485.jpg
Nゲージ車両並み、もしくはそれ以上の高級品なので、カバンに直接放り込むのも気が引ける。
家で収納、保管するにも、無駄に大きい製品の箱は邪魔で仕方がない。
ということで、クッションの効いたソフトケースを100均で買ってきました。
B5サイズで、ACアダプター含め一式収納できるので、家での保管にもオススメです。

ではでは、今日はこの辺でー。
[PR]

by railstar-rikkun | 2011-11-25 00:37 | 鉄道模型(鉄模) | Trackback(1) | Comments(0)

アーバンライナーで「リニア・鉄道館」へ(その3)

やっぱり地下鉄の定期代が高いのは納得できん!w ども、R.Hakozakiです。

ようやく、アンドロイド用のエキサイトブログ投稿アプリが登場。
ブラウザからだとフィルタが掛かって見れませんが、このアプリを介して見れるようになったのは嬉しい。
これからの状況によっては、スマートフォンから投稿することになる・・・かな?
多分、今後はさらに更新頻度が下がっていくと思われますが、ご了承下さい。。。

f0037227_21183229.jpg
「リニア・鉄道館」への旅行記、今日で最終回です。
帰宅の途につくまでの模様を、ダイジェストでお送りしますw

今年最後になるであろう旅行記レポはMoreですw
[PR]

by railstar-rikkun | 2011-11-12 23:05 | 旅の思い出 | Trackback | Comments(0)

アーバンライナーで「リニア・鉄道館」へ(その2)

ども、R.Hakozakiです。

最近、高頻度で人に道を尋ねられます。
しかも、よりによって外国人(英語)の方の確立が高い(汗
単語の組み合わせで、何とかギリギリ応対できているような状態の私。
喋った言葉を勝手に翻訳して代わりに喋ってくれるアプリ、要るかなぁ。(←勉強しろよ、俺w

今回も引き続き、「リニア・鉄道館」の旅行記、第2回目です。
何でもかんでも載せる、ということはせず、ザックリ掻い摘んでいく感じで行きますね。

すでに行かれた方も、まだ行かれてない方も、迷わずMoreですw
[PR]

by railstar-rikkun | 2011-11-05 01:38 | 旅の思い出 | Trackback | Comments(1)

アーバンライナーで「リニア・鉄道館」へ(その1)

ビックリするほどご無沙汰の鉄道旅行ネタです・・・w ども、R.Hakozakiです。

10月31日、世界人口が70億人を突破。
同日に生まれた赤ちゃんを、『70億人目のひとり』として認定されるとのこと。
仲間が増えるのはおめでたいことではあるが、果たして、地球にキャパシティは残されているのか。
試練の克服を怠れば、必ず仕打ちが返ってくる・・・いや、もうすでに始まっているのかもしれない。

先月29日、「リニア・鉄道館」へ遅ればせながら行ってきました。
秋の行楽シーズン、天気が良かったこともあって、なかなかの盛況ぶりでした。
往復は新幹線・・・ではなく、これまで乗りたかった近鉄「アーバンライナー」で。
だって、時間は掛かるけど、安上がりですからw

新幹線も良いけど、アーバンライナーも良いぞ、なMoreですw
[PR]

by railstar-rikkun | 2011-11-02 23:59 | 旅の思い出 | Trackback | Comments(0)