2010年を思う

ども、R.Hakozakiです。

2010年最後の更新・・・まずは、いつもご覧頂く皆さんにお礼を申し上げます。
この1年間、お付き合いいただき、ありがとうございました。
言いたいことを正直に書きましたし、少々世間ズレしたところもあったでしょう。
もしかすると、皆さんの気に障った言動があったかも知れません。
それは、どうかお許し下さい・・・。

私の2010年とは、簡潔に表すなら「我慢」。
『本当の自分でありたい』、『本当の自分とはこうだ!』
それを追いかけ、何とか表そうと必死だった1年でした。

鉄道模型だとか、ラジコンだとかの趣味の時間は、とても充実した1年でした。
しかしながら、それ以外の時間が辛かった。。。
逃げ出したくても、逃げ出せない・・・だって、私の仕事(のようなもの)ですから。
自分が誰であるのか、自分はどうしたいのかさえ、見失いそうだった・・・。
ウソの自分を作り上げ、何とかその辛い時間をしのいだのです。
・・・別の人格を作って、その場を逃げたところで、私には辛い重荷になるだけでした。
その救世主が、鉄道模型であり、ラジコンであり、「趣味」です。
言わば今年、私は趣味に助けられたのです。

だからこそ、このブログでウソはつきたくなかったのです。
そしてまた、ウソの自分にはなりたくなかったのです。

2011年、ようやく、その我慢から解放されます。
自分が本当にしたかったことができるんです。
そして、常に本当の自分で居られるのです。
この言い表せない喜びを、今、私はひしひしと実感しています。

来年、2011年、皆さんにとっても希望に満ち溢れた年でありますように。
それでは、あと残り少ない2010年、良いお年をお迎え下さい。
[PR]

by railstar-rikkun | 2010-12-31 01:28 | 雑談 | Trackback | Comments(0)

AWDシャーシの希望・・・?

発売されてだいぶ経った今、ようやく「DWS」を初購入・・・w ども、R.Hakozakiです。

早いもので、新年まであと3日。
毎年毎年、『1年ってあっという間だなぁ』なんて思ってる気がします・・・。
これって、よほど時間を無駄にしてるってことなんでしょうね。。。
2011年は、充実した1年だったなぁ、と良い意味で1年を早く過ごしたいですね。

鉄模関連ネタご希望の皆さん、スミマセン。
最近、これといったことをしてないもんですから・・・(汗
今日もミニッツネタで参ります。。。
f0037227_23453118.jpg
ようやく、AWDシャーシにDWS(ダブル・ウィッシュボーン・サスペンション)が入りました。
と言っても、私のではなくて、父のシャーシに・・・w

何と言っても、このメカニカルな見た目が良いですね。
走らせたら、さぞかし素晴らしいことだろう・・・!
と思ったら、大間違い。。。

ノーマルのダンパーでは減衰力がなくて、路面の段差でバタバタ跳ねる・・・。
これじゃ話にならないので、オレンジ色したインナーチューブダンパーを別途、購入。
・・・京商のうまいオプション商法ですね、分かります。
グリスを塗って組み付けると、なかなか「しっとり」した動きに。
今年はもう『走り終わり』したので、来年1発目の楽しみとなりました。

良いようなら、自分のシャーシにも入れたいですが・・・何たって高い(汗
5,000円するなら、もう少しお金出して、MR-03シャーシをk・・・(ry

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2010-12-29 23:59 | 京商 MINI-Z | Trackback | Comments(0)

どうやら不要のようです

もう1両機関車が控えているというのに相変わらずのペースですw ども、RiHaです。

例年よりも早く年賀状が書き終わり、投函が完了しました。
今年はちょっと手の込んだ年賀状にしてみました。
いつもご覧いただく皆さんには画面上にお届けしますので、お楽しみにw

さて、またご無沙汰の16番EF81形。
f0037227_23382729.jpg
製品純正のケーディーカプラーの開放ピンがエアホースに接触するので、切除しました。
よくよく考えれば、私は自動開放する機能を必要としてないので・・・w
それに、見た目に違和感を感じてしまって。。。
・・・貨車は、横から見た時にそれがエアホースっぽく見えてるのでOKw
そもそも、カプラー自体が大きいような気もしますが、まぁ許容範囲内ですかね。
f0037227_23541874.jpg
続いては、いよいよアレを取り付けます。
Nゲージのように既製品がないので、自作で。
写真は・・・ヒントになるような、ならないような。

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2010-12-23 23:56 | 鉄模:改造・加工(16番) | Trackback | Comments(0)

電気自動車・ハイブリッド車とは?

次世代のクルマについて、私がふと思ったことを書いてみます。 ども、R.Hakozakiです。

久々に、真面目な話でもしてみることにします。
今日は電気自動車、ハイブリッド車、いわゆる「エコカー」について。

道路を見てみれば、驚くほどに走り回っているハイブリッド車。
ハイブリッド車とは、モーターとエンジンを組み合わせた動力を持つクルマのこと。
・・・ハイブリッド(hybrid)は「混成」という意味です。
そして、ついにモーターを動力とする電気自動車が表舞台に登場。
近く、あらゆる所で走り回っている姿を見ることになるでしょう。

さて、これらは本当に「エコ」であり、「エコカー」と呼べるのでしょうか・・・?
確かに、ハイブリッド車はガソリン車と比べて燃費は良いです。
しかし、結局エンジンという動力を使っているのですから、ガソリンを使います。
私に言わせれば、正直これは『場繋ぎ』『時間稼ぎ』としか思えません。

続いて、電気自動車はエンジンが存在しないので、ガソリンを全く使いません。
『じゃあ、これこそがエコであり、エコカーだね!』
『いいえ、今は違うと思います。』

電気自動車というのは、モーターという動力で動きます。
そのモーターを動かすのが、バッテリーと呼ばれる、いわゆるパワーソースです。
では、そのバッテリーはどうするか・・・もちろん充電しますよね。
さて、その充電するための電気は、一体どうやって生まれているのか・・・。

「火力発電」です。
電気自動車は二酸化炭素を含む温室効果ガスを一切排出しない、と言われます。
でも、そのバッテリーを充電するための電気を作るのに二酸化炭素を排出してるんです。
今の現状で言えば、ガソリン車であれ電気自動車であれ罪は同じ。
二酸化炭素の排出量が多かれ少なかれ、結局、罪は同じなんです。

そこで、私は「原子力発電」に注目します。
原子力発電というのは、発電時の二酸化炭素の排出がありません。
これが発電シェアを大きくまかなえば、電気自動車が本当のエコカーとなるでしょう。
もちろん、私は原子力発電が抱える問題を解決できるような人じゃありません。
後回し、先回しにせず、国から積極的に援助をすべきです。
こうなることが分かっていたのなら、なぜもっと早く手を打たなかったのか・・・。
援助していると言えども、本格稼動していなければ意味がありません。
「高速道路1,000円」だとか「エコカー減税」だとかに力を入れるのは間違ってます。
今の状態では、エコカーがエコカーとしての役目に立ってないんです。
その場しのぎではいけないんです。

さて、その間までドライバーのすべきこと。
それは、エコドライブ。
道具だけ良くても、使う人がダメなら意味がありません。
まずは、ドライバー自身から、です。

クルマだけではありません。
「機械が勝手にエコしてくれる」といって喜んでちゃいけないんです。
人間自ら考え、行動をすべきです。

長々と書いてしまいましたが、今日はこの辺で。
[PR]

by railstar-rikkun | 2010-12-19 23:59 | クルマ | Trackback | Comments(2)

ミニッツカップの強い味方?

趣味では頼りとなる人、場所が見つかると楽しさが倍増。ども、R.Hakozakiです。

7月にチャームウィールさんがオープンして、もうすぐ5ヶ月。
尼タムに通ってたとき以上に、常連さんに仲良くしていただいたり。
交通費が、お財布にそこそこ響く電車賃から少々のガソリン代になったりw
趣味を楽しむ自分には、新長田はホント良い場所になりました。
f0037227_15232753.jpg
チャームさんのミニッツコースは、1月末までウレタン。
ということで、MR-02シャーシは2010年のミニッツカップ仕様に変更。
ボディは、ミニッツカップ用に仕立てたコルベットにライトを入れてみました。
・・・絶好調なAWDシャーシは、タイヤ変更のみで走り込み中。

ただ、ウレタンが箱出しすぐの新品状態。
保護用の粉(まるで小麦粉w)が吹いていて、グリップしないし曲がらないし・・・。
特に先週はひどかった・・・何をどうしたってコーナーで曲がらない(汗
昨日の時点ではだいぶマシになってましたが、私の知るウレタンコースとは違う。。。
年明け頃には、ハイサイドを頻発させるような本来の状態になるかな・・・?
f0037227_2231257.jpg
せっかくウレタンコースを敷いて貰ったので、是非とも来年は決勝に・・・w

ではではー、と、その前におまけ。
f0037227_15554773.jpg
チャームさんでも注目の、うちのクルマ・・・そのエンジン「RB26DETT」です。
いまいち詳しくないので何がどうだか分かりませんが、ノーマルとは大きく違います(汗

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2010-12-13 15:58 | 京商 MINI-Z | Trackback | Comments(0)

新製品レビュー 2010年12月

「見て満足」するので、お財布に影響がなくて安心ですw ども、R.Hakozakiです。

実は現在、期末テスト期間真っ只中の私。
ですが、休日の私にそんなの関係ありません・・・w

さて、久々の新製品レビュー by 模型クラブ。
自分が買ったものではないですが、見たり触ったりしての個人的な感想を。
f0037227_23253350.jpg
<カトー D51-498(N)>
このサイズでここまで来ると・・・ホント、良い時代になりましたね。
見た目だけでなく、新開発のコアレスモーターもしっかりしてて、走りも安心。
ヘッドライトもちゃんと電球色してるのが良いですね。
何故にC62でもそうしてくれなかったのか・・・オレンジ色はヒドイっす(汗
f0037227_23331340.jpg
この中で、カトーの新製品はどれでしょうか・・・?
って言わなくても、一番下なのは分かりますよね、失礼しました・・・w
ちなみに、真ん中はマイクロエース改、上は旧カトー(1/140スケール)改。

<カトー 24系25形「北斗星」デラックス仕様(N)>
一番最初の写真にちらっと写りこんでる青い客車がそれ。
食堂車のランプシェードの明かりが素敵・・・室内灯非対応でもよさそうです。
量産品でここまで出来るとなると、この先、楽しみやら恐ろしいやら。

日本製で頑張るカトー、これは素晴らしい姿勢だと思います。
レベルの高い出来ながらも、いたずらに高価でないのも注目すべき点。
『ちょっとでも安く・・・』と思い海外生産をしているはずの他社。
どうして、日本製の値段を超えてしまうのか・・・。
いくら消費者がハイレベルな製品を望んでいるからと言っても、ちょっと過度な値上がり。
企業にはもう一度考え直して欲しいですし、消費者もこのおかしな状態に疑問を抱くべきです。

勘違いされたくないので書いておきますが、私は俗に言うカトー信者ではありません。
しかし、カトーに大きな期待を寄せたくなるような状態なのは、紛れもない事実です。

ではでは、今日はこの辺でー。
[PR]

by railstar-rikkun | 2010-12-10 23:52 | 鉄道模型(鉄模) | Trackback | Comments(2)