カテゴリ:鉄模:新規導入(N)( 35 )

マイクロ キハ65系700/1700番台「エーデル鳥取」

予定より2ヶ月遅れで、ようやく我が家に導入されましたw ども、R.Hakozakiです。


さて、今日、ライト模型さんから引き取ってきました。
f0037227_20385058.jpg

マイクロエース A-2392 キハ65系700/1700番台「エーデル鳥取」4両セットです。
引き取るときに、店員さんから「大変お待たせしました」と言われましたw
メーカーの都合で、勝手に発売日を変えられるわけですから、お店側も大変ですね・・・。
・・・しかし車両ケース、毎度毎度、派手な色ですね。ピンク色とかどんだけ~w
水色とか青色でもいいんじゃね?と思ったのですが、エーデル丹後とダブりますね・・・w
f0037227_20525369.jpg

早速、家で開けてみました。塗装が非常にきれいであります。
私的に、マイクロエースは塗装・印刷技術に関しては、No.1ではと思ってます。
どこかでは「塗装が厚ぼったい」と言われてるそうですが、一切そんなことありません。
f0037227_2192330.jpg

まず、この製品で気になった点の1つとして、展望室部分が挙げられます。
非常に不安だったのですが、さすがマイクロエースです。
座席は、マイクロ標準の仕様はもちろんのこと、窓ガラスの合いもバッチリ。
f0037227_21154663.jpg

前面をアップしてみました。こちらも、窓ガラスの合いもOK。
窓ガラス越しに見える座席がリアルです。運転士、乗客を乗せないと、片手落ちですね。
・・・で、全車両に共通することですが、スカートの色が変ですね。
ちょっと、青っぽい感じで、安っぽい感じが漂ってます・・・w
それから、連結器カバーの色も変ですね。黒色よりも白色のほうがいいでしょうね。
手持ちの写真とにらめっこしながら、ちょこちょこ改造しようと思いますw
f0037227_21401447.jpg

f0037227_2139365.jpg

展望車のヘッドライト・テールライト点灯具合はこんな感じです。
真ん中のトレインマークのライトが明るすぎ・・・シール貼ったら治まるでしょうか?w
f0037227_214333.jpg

f0037227_21433629.jpg

・・・写真使いまくりで、ホント申し訳ありません。。。
中間先頭車のヘッドライト・テールライト点灯具合です。
こちらは、特に問題なしですね。4両全車、ライトが点くなんて、思いもせず・・・w
中間先頭車は、編成に封じ込めるので、ライト点灯は特に関係ありませんがw
モーターは、予告どおり、フライホイール搭載のモーターでの発売です。
線路に擦ってしまいそうな従来のモーターから、進化しました。フラット化ですw
走行具合も問題なく、静かに走ります。
また、床下機器でない余分な所は、元から黒色に塗りつぶされています。
走行動画は、GMの阪急8000系とともに、ご紹介いたしますので、ご期待下さいw

で、製品には直接関係ないですが、ちょっと気になった点を。
f0037227_21501485.jpg

ご覧の通り、説明書でない説明書と、車両ケースのスリーブの裏側です。
トミックスでも、カトーでも、GMでも、基本、対象年齢は8歳以上になっているのですが。
マイクロエースも、以前はそうだったのですが・・・。
今回分からでしょうか、マイクロエースは、対象年齢を14歳以上に引き上げました。
しかも、変更の仕方も、シールで上から貼ってあります。
しかし、いきなりナゼ?w 非常に気になります・・・。

さて、評価に参りましょう。
この商品は、100点満点中85点です!
今までは、金属キット、お高いレジン製キットしかなかったものを、プラ完成品でキッチリ・カッチリと製品化していただいたというところで、高評価になってます。
塗装、ディテールも文句なしの仕上がりになっているでしょう。
足回りも、フライホイール搭載のモーターで、動作もスムーズです。
マイクロのフライホイールモーターは初めてだったんですが、非常に安心できます。
ただ、細かいところで、スカートの色、連結器カバーの色が変な所が惜しいです。
また、トレインマークの付属に「あまるべロマン号」がなかった点。
おまけとして付けていても、面白かったのではないかと思うんですが。
あと、毎度毎度言ってることですが、説明書がない点。これは頂けないですね・・・w
自社のカプラー、室内灯も発売されたことですから、個別に説明書が欲しいですね。




ではでは、今日はこの辺で。
最後までご覧頂き、真にありがとうございました。ご参考になれば幸いです。
[PR]

by railstar-rikkun | 2007-09-15 22:04 | 鉄模:新規導入(N) | Trackback | Comments(0)

安静にしようと言ったくせに

三宮に行って、阪急8000系の増結買ってきました・・・w ども、R.Hakozakiです。


今日は、調子に乗って三宮行ってきました。(何
三宮ぽち行ったんですが、閉店時間を過ぎていたので、閉まってました・・・orz
日曜と祝日は、午後7時閉店なんですね。知らなかった・・・w
せっかく、一生懸命(?)歩いたのに、無駄足でした。
でも、ジョーシンとユザワヤ行って、収穫してきましたよ。
f0037227_23225080.jpg

今日は、GM阪急8000/8300系増結4両セットをジョーシンで。
その他にも、細めのマスキングテープ、白色LEDをユザワヤで買ってきました。
ジョーシンの方は、鉄道模型は更に1割引だったので、ポイントも使って購入。
ユザワヤの方は、100円の金券が3枚あったので、それを使って購入しました。
毎度毎度のことですが、いい買い物しますね、私w
f0037227_2326455.jpg

マスキングテープ、LEDは放っておくとしてw
まずは、GMの阪急を8000系・8000F仕様にしました。
比較的、基本セットよりもパーツは少なかったですが、1時間ほど掛かりました・・・w
車番も粘着力が衰えて、貼れなくなってるんでは?と不安でしたが、難なくOKでした。
・・・やはり、車番は予備が欲しいですね。GMさん、次期製品にはよろしくですw
で、ようやく8両揃ったのは、いいんですが・・・。
8両用のケース、別に買って帰るの、忘れてました・・・(爆
f0037227_23331548.jpg

ということで、8両にまとめるのは、また来週までのお預けとして・・・w
とりあえず、写真のようにして、順番どおりに並べ替えておきました。
基本セットのウレタンと、増結セットのウレタン、色が違うようですね。何故?w

これにて、阪急8000系・8000Fが8両フル編成となりました。
近いうちに、8000系と9300系の走行動画をお送りできればと思いますw



ではでは、今日はこの辺で。
来週は、エーデル鳥取がやってまいりますよ~w
[PR]

by railstar-rikkun | 2007-09-09 23:38 | 鉄模:新規導入(N) | Trackback(1) | Comments(2)

マイクロエース EF65-1012 初期型JR貨物更新機

2日続けて、「鉄道模型:新規導入」カテゴリとは・・・w ども、R.Hakozakiです。


さて、昨日、最後にお話しした、タムタムでの散財について・・・w
今回は、散財でもなく衝動買いでもなく、ちゃんと前から計画してた車両ですのでw
では、グダグダ言っても仕方がない。早速レポートだ~!w
f0037227_21363145.jpg

とりあえず、タムタムで買ったよという証拠になる値札と一緒にパシャリ。
マイクロエースEF65-1012 初期型JR貨物更新機です。
定価7,560円の品が、5,000円切ってしまうとは。何とも驚くばかりですw
さすが、35パーセントOFFのタムタム。恐るべしww
9月1日現在ですが、1012号機は、私の分で最後、あと茶色の9号機と東京方面に所属の1074号機が4つほどありました。欲しい人は急げ~。
・・・1012号機、私のが最後だったってことは、結構人気なのかな?w
f0037227_2143020.jpg

とりあえず、側面と屋根のアップです。
以前、上級者ユーザーが自分の好みでつけるような金属塗装パーツが、全て施されており、上級者ユーザーも、私のような中途半端な物知りユーザーでも納得の一品w
塗装の美しさといい、屋根の細かいところといい、素晴らしいですね。
あと、パンタグラフの架線に当たる部分のスリ板も、塗装されているという素晴らしさw
マイクロエースは、オプションパーツなしなので、すぐレールに乗せて出発できますw
f0037227_21501937.jpg

ヘッドライトもこの通り、きれいに点灯してくれます。
足回り、モーターも良さげで、なめらかにスタートして、静かに走ります。
動画は、また今度用意しますので、そのときまで我慢してください・・・w

・・・ここまでは非常に好感だったのですが。
f0037227_21563535.jpg

一番、この製品シリーズでネックなのが、連結器、カプラーでございまして。
貨物列車を引っ張る機関車なのに、ダミーカプラーとは一体何を考えてるんだと・・・w
ダミーのままでは、何も役に立たないので、付属のアーノルドカプラーに交換しました。
これで、一件落着・・・とは行かせませんw
とりあえず、ちょっとの間、この状態で我慢します。そこまで連結間隔もひどくないので。
ちょっとの間、対策を考えてみようと思います。そして実践しようと思います。
・・・しかし、パーツが手に入ればの話ですが。


では、この製品のまとめいきましょうw
この製品、100点満点中、80点です。
・・・これは、結構高評価ですよw
ディテール、走行性能は、ほぼ問題なし。ディテールに関しては十分すぎますw
最新鋭の機関車、例えば桃太郎。と並べて、楽しむのもいいでしょうね。
ただ、カプラーがダミーカプラー。交換用はアーノルドカプラーしかない。というのが欠点。
この機関車は岡山機関区所属で、桃太郎のEF210も一緒にいるわけです。
・・・なんか、桃太郎も欲しくなってきたな~と(爆
JR貨物の機関車も、魅力的ですので、ちょこちょこ集めようと思いますw



ではでは、今日はこの辺で。
最後までご覧頂き、どうもありがとうございました。
[PR]

by railstar-rikkun | 2007-09-02 22:08 | 鉄模:新規導入(N) | Trackback | Comments(4)

やけに早いお届け物―GM阪急8000/8300系 1次車―

今日は一切201系ウグイスの製作は進んでおりませぬ・・・w ども、R.Hakozakiです。


さて、今日は待ちに待ったお届け物が、ジョーシンWEBから午前9時20分ごろに到着。
f0037227_22201847.jpg

グリーンマックスNo.4059の阪急8000/8300系一次車基本セット
と、グリーンマックス201系体質改善車ウグイス増結です。
今日は、とりあえず201系ウグイスは放って置いて・・・w
いや、しかしメーカーHPに8月11日発売って書いてあるもんだから、てっきりその2、3日後くらいに来るんだろうと思っていたのですが、まさか発売日ピッタリに来るとはw
その速さだから、ジョーシンWEBは私にとって捨てられない存在なんですよねwww
ちなみに、今回は基本セットのみ。もちろん理由は、経済的な問題・・・w
f0037227_2226073.jpg

で、早速開けてみました。
・・・しかし、いきなりボディーから動力ユニットから外れてる・・・w
家に届くまでに、舗装してない道を通ってきて、こんなことになったんでしょうね。(ぉぃ
更に、写真はありませんが、パンタ付き中間車の屋根が1箇所だけ浮いてました・・・。
きちんと、屋根のパーツをはめ込んでなかったんでしょうね、多分。。。
ちょっとこの時点で、「おいおい、大丈夫か?!」と思った次第でありました。
まさか他に問題があるんじゃ?と思ったのですが、それ以外は問題ナッシングでした。
試作品では、「え!?」と不審に思ったところも改善されてたので良かったですw
塗装はきれいに仕上げてますね。これなら、文句なしです。
ただ疑問に思ったのが、クリアーコートはするべきかしないべきか。ということ。
阪急はピッカピカというイメージがあるのでも、光沢を出したほうがいいですしね。
ちょっと、むやみにクリアーコートするのは怖いので、ちょっとの間放っておきますw

ということで、お次は走行試験。
と、思って車両を引っ張り出していると・・・
f0037227_22332635.jpg

なんと、細かく再現された配管の影響で、ウレタンがボロボロに・・・w
写真では分かりにくいですが、車両を出すときに、その配管がある側(右側)から車両を引っ張り出すと、ウレタンを引っかくような感じになり、仕舞いにはウレタンがボロボロ。
これ以上ひどくならないように、配管が付いていない側から引っ張り出すようにしてます。
・・・と、言うことで、改めて走行試験。
f0037227_22463673.jpgf0037227_2248316.jpg









ヘッドライトはいい感じに点灯してくれてますw
テールライトは見にくいですね・・・。実際はもっと明るいんですがね。
ドガログはありませんが、モーターは201系ウグイスと全く変わらない音と仕様ですw
私自身、これくらいなら全然文句なしですが。
f0037227_239092.jpg

このモデルは神宝線8000系でも京都線8300系でも対応していて、そのために床下をユーザー選択式にしています。私は神宝線8000系の床下(写真左側)に。
f0037227_22583838.jpg

前面行先シールを貼ろうと、ライトユニットを10分ほど掛けて必死に外しました・・・(汗
説明書には、「上級者向け」「責任を負いません」だけしか書いておらず、そんなことを書くくらいなら、「ライトユニットの外し方」みたいな説明が欲しかったです。
これでは、説明書としての意味なしです。(某M・A社は説明書自体が無いですが・・・。)
外しやすい方法としては、屋根を取っ払って、上からライトユニットを押し出すような感じにすれば、簡単に取れそうです。(あくまで参考にお願いします。。。)
f0037227_23181014.jpg

そして、ようやくインレタや付属パーツを取り付けて、やっとこさ完成ですw
私は阪急8000系のトップナンバー、8000Fに命名させてもらいました。
しかし、これはほぼキットと言ってもおかしくはなさそうな、パーツの量がありましたw
ただ接着剤は、ほぼ必要ないですし、デカールも貼り付けやすかったですし。
グリーンマックスのデカールには、いつも困らされてましたからねw
これは、大きな進歩と言えましょう。
で、少し気になったのですが、前面に来る「8000」「8100」の数字が結構大きいような気がするのは、私だけでしょうかね・・・?

さて、私としての評価と致しまして、100点満点中、70点・・・でしょうかね。
これは、あくまで私の勝手な評価ですので、これは参考までにお願いします。
・・・それにしても、何故に塗装済みキットでの発売にしなかったのでしょうか。
塗装済みキットでのリニュアールと言う形にすれば済んだはずなのに。
「創る楽しみいっぱい」のグリーンマックスはどこへやら・・・。
これじゃあ、「集める楽しみいっぱい」のグリーンマックスになってませんか?w
出来れば、塗装済みキットでの発売を望みたいところでございます。
しかも、前回発売分の塗装済みキットの分と連結しようと思っても出来ない。
やはり、ダミーカプラーよりもTNカプラーなので、これは対応にして欲しかった。
残念ながら、先頭車以外の中間も無理だそうです。(説明書より)
このような、いろいろな不満な点も踏まえて、評価しました。



ではでは、今日はこの辺で。皆さんのご参考になれば幸いです。
そして、最後までご覧頂き、ありがとうございました。
・・・しかし、今日も写真使いまくりましたw 重かった人、ごめんなさい・・・。
~おまけ~:塗装済みキット時代の阪急8000系との並び
f0037227_23292041.jpg

[PR]

by railstar-rikkun | 2007-08-11 23:29 | 鉄模:新規導入(N) | Trackback | Comments(0)

A-2472 SLやまぐち号レトロ調・リニューアル客車導入

f0037227_14451285.jpg

車両ケースに載っている品名をちょこっと改造してタイトルにw R.Hakozakiです。


さて、5月15日問屋発送となっていたマイクロエース6月期製品。
C56やら、485系お座敷列車やら色々ありますが。
私は、C57-1号機に引き続いて・・・
f0037227_14455965.jpg

客車を予約購入。機関車だけあっても片手落ちなのでねw
今日の昼前にクロネコヤマトさんで届きました。
私が予約した客車は、リニューアル後のバージョンで5両。色が統一されたほうです。
まずは、全体的に評価すると、ほぼ文句なしの出来栄えです。
・・・ただ、説明書きがやっぱり不十分・・・。ここは是非とも改善して頂きたいところです。
しかも、よりによって客車の発売が延期され、機関車のC57-1号機と別々に・・・。
でも、予定より1ヶ月待たせただけの製品に仕上がってると思いますw
f0037227_14463672.jpg

ケースのウレタンは、キツキツのカツカツ仕上げ。
いつか、車両のパーツが取れちゃうんじゃないかと、心配なんですがねw
多分、輸送時のことを考えたのでしょう。
また、この客車は機関車がなければ意味ナシですので・・・
f0037227_14472510.jpg

このように、機関車のケースがスッポリと入るようにもなっています。
マイクロエースさんは消費者のことをよく考えてくれてますねw
なんでもかんでもバラバラにしてくれる某メーカーとは大違いだわ・・・。
・・・今さっきのつぶやきは、お気になさらず・・・w
f0037227_15101272.jpg

展望改造車の写真ですが、複雑な形も再現されています。
奥側のオハフ13-701は、展望室部分がついています。
その展望部分の手すり。なんと、「金属製」なのです!
あえて、プラスチックにしないのが、このマイクロエースクオリティーなのでしょうw
パッと見は分かりませんが、質感があり、プラ製よりもシャープなつくりです。
よく見ないと分からないということは、言い換えると「浮いていない」、「他のパーツと一体になっている」ということです。
「やまぐち」の愛称マークも両方共についてます。
・・・客車の後部なので、カッコよくするためにTNカプラーに変えようと思いますw

写真は、残念ながらありませんが、客室座席の色もついています。
5号車(明治風):緑色
4号車(大正風):茶色
3号車(昭和風):緑色
2号車(欧風):青色
1号車(展望室風):赤色
という風な感じになっています。室内灯をつければさらにいいでしょうね。
私は室内灯をつけようと検討中です。多分電球色あたりでしょうかね。
・・・ちなみに茶色の色の選択肢がなかったので、似たり寄ったりのオレンジ色ですw

説明書は・・・というか説明書自体がないですが。。。
補足だけでもしておきます。
まず、行先のシールはどこへ貼るの?と言いますと・・・
f0037227_14582456.jpg

似たり寄ったりの形がありますが、この場合は上側にペタリしてください。
貼ってみると、なかなかいい感じになります。
マイクロエースの製品は、ユーザー取り付けパーツはありません。
車番も所属表記も、この製品では号車表記も貼り付け&印刷済み。
行先シールだけですので、これくらいは貼ってやりましょう。
そうしたら、客車も喜ぶはず・・・w「わーい、僕はSLやまぐち号の客車だー」(爆
・・・今さっきの言動はお気になさらず・・・w
某メーカーみたいに、決してインレタ&デカール地獄ではありませんので・・・。


C57-1号機に引き続き、いい買い物をしましたw
これからのマイクロエース製品に期待が膨らみます!
・・・次は、8月期発売のエーデルシリーズでしょうかね・・・w



ではでは、今日はこの辺で。
長々とお付き合いありがとうございました。
[PR]

by railstar-rikkun | 2007-06-16 15:11 | 鉄模:新規導入(N) | Trackback | Comments(0)