EF65とEF81にサウンドデコーダ搭載

ども、RiHaです。

じわじわと進行、DCC化への道。
北斗星客車に続いて、機関車2台にサウンドデコーダを搭載しました。
f0037227_2302697.jpg
まずは、カトーのEF65形0番台から。
以前、コテコテにウェザリングを施した、かなりくたびれ気味のロクゴです・・・w

電気機関車2台を続けてDCC化!の模様はMoreです
[PR]

by railstar-rikkun | 2016-11-23 23:54 | 鉄模:DCC | Trackback | Comments(2)

カトー16番「北斗星」カニ24に電源車サウンドデコーダ搭載

ども、RiHaです。

カトー16番「北斗星」客車のDCC化への道、残すは・・・
f0037227_22265770.jpg
永末システム事務所の電源車用サウンドデコーダをカニ24に搭載します。
ヘタすると機関車よりもうるさい?あの騒音を撒き散らしてくれることでしょうw

KATO「北斗星」のカニにあの騒音を組み込む模様はMoreですw
[PR]

by railstar-rikkun | 2016-10-21 20:01 | 鉄模:DCC | Trackback | Comments(0)

改造品がよりクオリティアップ!:トラムウェイ改 EF65-57 DCCサウンド化

ども、RiHaです。

『さっ、旅行記やるでー!』と息巻いたそのとき、旅行前に仕上げたネタを思い出しましたw
忘れないうちに、チャチャッと紹介します。
f0037227_2326331.jpg
久々のDCCサウンド化、今回はトラムウェイEF65 2次形改、「茶釜」ことEF65-57です。
しばらくDCC熱は冷めてしまっていたものの、クラブをきっかけに再びスイッチが入りまして・・・w
f0037227_2330063.jpg
肝心のデコーダは、昨年秋の模型イベントで特価販売されていた、ドイツ製ESU LokSound micro V4.0です。
クマタ貿易が輸入し、独自編集されたサウンドデータが書き込まれたものになります。
車両側に8ピンソケットが用意されているので、結線はハンダ付けなしで差し込むだけのワンタッチ。
f0037227_23353814.jpg
その分、スピーカーの大きさや位置、マウント方法はちょっと考える必要があります。
ちょうどモーターとウォーム軸を結ぶシャフト部分に空間があったので、そこに押し込みましたw
シャフトに支障しないようプラ板で土台を設え、直径14mmのスピーカーを固定してあります。
f0037227_23435111.jpg
microなだけに小型な基板ながらも厚み分、ボディと干渉してしまうことが判明。
そこで、モニター屋根下のボディ部分をくり抜いて、高さ方向にスペースを確保しました。

参考程度の解説はここまでにして、いつもの動画でそのサウンドをぜひお聞き下さい。
音量としては、永末デコーダのDE10と同じくらいになったので、自宅で走らせるなら十分なくらいです。

サウンドそのものは・・・ブロワー音が主張し過ぎ?なような気もします。
言い換えるなら、吊り掛けモーター音が控えめな印象を受けます。
CV値で細工できるなら良いんですけど、うちはD101しかないので、ちょっとなぁ・・・。

輸入品ということもあろうかと思いますが、デコーダ1つで諭吉さん2枚というお値段。
何度も書いちゃいますが、車両本体価格を超えてくるというのは、かなり痛い・・・です。
この感じだと、ヨーロッパのような発展もできないでしょうし、DCCユーザー数も頭打ちかなと。
提供側がもっとアグレッシブでチャレンジングなことをしないと、この先に面白さは見出せないですね。。。

この「茶釜」、16番で初めて全塗装を含めて大掛かりな加工をした車両なので、かなり愛着があります。
そこにサウンドが加わると、大袈裟かも知れませんが、車両のクオリティが上がったような気が・・・w
何だかんだ言って、やっぱりDCCサウンドって良いですね!

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2014-07-16 00:10 | 鉄模:DCC | Trackback | Comments(0)

「音」は付加価値であると再認識:カトーEF510 DCCサウンド化

16番はディテールあってこそかなと思った次第です・・・目が肥えただけかも知れませんw ども、RiHaです。

去年10月、DCCサウンドデコーダ搭載加工をお願いしていた、カトーのEF510「レッドサンダー」。
f0037227_0401620.jpg
他の車両たちに押し出され、不本意ながら長らく熟成させていましたが・・・w
f0037227_23525415.jpg
この度、純正グレードアップパーツとT社製品の余剰品を活用して、ディテールアップが完了しました!
「音」が付いて『やったー!』な気持ちの反面、イマイチ何だか気に入らなかったのですが。
気合い入れて加工した分、愛着が出て一気にお気に入り車両へ仲間入りしましたw
・・・その気合い加工は後日ご紹介します。
f0037227_23244156.jpg
意味あり気に空洞があってスカスカだった中身が、ギュウギュウに詰まってます。
デコーダにスピーカー2個が搭載され、そして基板もしれっと専用品に交換されています。
その肝心要の音を聞いていただくために、DE10に続いて動画も作ってみました。
画像や字面では伝わらない魅力を、この動画で感じていただければとw
前回作の反省を踏まえて、かなりクオリティアップしたつもりです・・・が、まだまだですね。

EF510のサウンド、実車に忠実とは言い難いですが、雰囲気はバッチリ。
台車動力ユニットから発するギヤ音が、まるで実車の吊り掛け駆動音にも聞こえます。
永末デコーダのような惰行状態がなく、ひたすらパワー掛けっぱなしなのが残念・・・。
スピーカーが2個でかなりの音量があり、自宅で走らせるなら音量は一番小さくても十分です。

何と言っても、一番のネックはお求めにくい値段でしょうか。
デコーダ搭載が3万円ですんで、車両本体のお買い得感がすっかり消え去っちゃいます。
エアホースとかワイパー類をディテールアップすれば、またそれだけ費用も嵩み・・・。
『やっぱりDCCって高いよね、高級だよね』ってなっちゃいますね。。。
ただ、それでも何だかんだで気に入っている私ですw

これまでのDCC化ラインナップとしてはDE10、EF510-0、そして次はEF65(茶釜)。
繋げる車両にデコーダ不要の貨物系機関車を中心にDCC化を進めています。
どちらかと言えば「ディテール>音」なので、ディテール重視、アナログ中心になろうかと。
言わば「おいしいとこ取り」が私の目標です!

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2014-04-08 00:30 | 鉄模:DCC | Trackback | Comments(0)

テールライト点灯化&スピーカー改良:カトーDE10 JR貨物更新色

2014年1発目の模型記事、16番トワじゃないのはご了承下さいませ・・・w ども、RiHaです。

昨年12月頃に作業を終えたネタ、遅ればせながら投稿します。
旅行記を優先させたので、気が付けば年が明けてしまいました・・・w
f0037227_1923039.jpg
製品そのままでは点灯しないテールライトですが、点くようになると、より入換機らしい姿に。
デコーダ搭載作業よりも難儀?なテールライト&入換標識灯点灯化に挑戦しました。

KATO 16番DE10をさらに楽しくさせる模様はMoreですw
[PR]

by railstar-rikkun | 2014-01-09 20:33 | 鉄模:DCC | Trackback | Comments(0)

DCCサウンド化はじめました

あ、これはかなり楽しいかも・・・出来上がったときの達成感が良い!w ども、RiHaです。

今月発売のある雑誌に、会社の1人として写真付きで登場しました。
小さく載っただけなんですが、一応記念にその雑誌は購入しておきました。
『ちゃんと仕事してまっせ』ってな証明にもなりますからねw
f0037227_1930257.jpg
2013年の中秋の名月は満月ってことで、遅ればせながら。
小さなベランダからデジタル一眼で1枚・・・良いですねぇー。

で、本題。
Nのトワイライトエクスプレスの内装シールを貼り終えたところで、続いては。
f0037227_1943817.jpg
カトー16番のDE10形JR貨物更新色、コレが今回の題材です。
発売直後に購入したものの、加工が後回しになったので紹介が遅れました(汗

KATO 16番DE10のDCCサウンド化の模様はMoreです
[PR]

by railstar-rikkun | 2013-09-24 20:49 | 鉄模:DCC | Trackback | Comments(0)