Nゲージ車両展示台(春の風景)を作ってみた

車両の加工とは手や頭の使い方がかなり違うので、なかなか難しいですね・・・w ども、RiHaです。

記事の最後に次回のブログネタを予告する、という独自パターンが出来てしまいましたが・・・w
『今日のネタはどれにしようかなぁ・・・』なんて思ってたら、そういえばシレッと挙げてましたね。
f0037227_23343686.jpg
ということで、今回は100均のコレクションケースを使ったNゲージ車両展示台を紹介します。
関西の桜前線はとっくに過ぎてしまいましたが、第1弾は「春」をテーマに桜メインで仕上げてみました。
「桜」をメインにしたかったので、どちらかというと車両は脇役といったところでしょうか。
f0037227_23432118.jpg
普段は透明のカバーを被せて「見せる」ため、平面にならないよう高さには意識してみました。
奥が一番高くて、手前にいくほど低くなっていく、というイメージですね。
f0037227_23493413.jpg
長さが33cm、奥行きが最大9cmなので、さほど大きいモノではありませんが、初心者な私は苦労しました・・・w
『ココはどうしようか・・・』『この辺はどうまとめるか・・・』と、意外と考えるところが多くて大変です。
もうちょっと拘りたい部分もありましたが、キリがないので所々軽く済ませた部分もあります。
f0037227_23572351.jpg
ストーリーも欲しいよねってことで、手元にあったカメラを構えた人形も配置済み。
・・・花見をしてる人とかを加えて、もうちょっと賑やかにしてみても良いかも知れません。
f0037227_004063.jpg
この展示台製作と並行して、ラッピング車両も続々と購入し、入線。
鉄コレの「しまねっこ号」に、トミックスの三陸鉄道「キット、ずっと2号」。
春らしく、展示台に負けず、車両も賑やかですw
f0037227_073879.jpg
ダイソーで300円で売られているこのケース、意外にもちゃんとしてます。
キズだらけってわけでもなく、ひどく歪んでいるわけでもなく、展示台には十分です。

いつかは自分のレイアウト!という思いもありますが、それはひとまず置いといて。
決められたスペースの下で、きちっと展示台を作り上げることからコツコツやってみることに。
春ときたら次は・・・やっぱり夏でしょ!

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2014-05-07 00:27 | 鉄模:自宅レイアウト | Trackback | Comments(0)

大半径カーブレール「緩やカーブ」を作る:その5

今日は予約品のレビューをするはずが、ボケを噛ましたので延期・・・w ども、RiHaです。

予約品を引き取るべく、学校帰りに定期の圏外へ寄り道。
が、着いてみると、今日は定休日でシャッターが閉まってました(爆
事前に確認し忘れた結果、交通費が無駄になっちゃった、というお話でした・・・w
f0037227_2335638.jpg
さて、また間が空いてしまった、「緩やカーブ」製作記。
今回で、ひとまずは完成とします。
また何かアイデアが思いついたら、手を入れるかも知れません。
・・・楽しみは今後のために取っておく、というのが私のポリシーですw
f0037227_23443043.jpg
これまで、壁がプラスチックの色そのままだったので、塗装しました。
カトーの高架レールの壁と比べると、色が濃いですが・・・まぁ良いでしょうw

実は、高架にしたときの高さ合わせがイマイチでして・・・。
寸法で調整したものの、実際には低くなってしまったという。。。
高架複線レールが手元にないので、こればっかりは買ってきて実物合わせするっきゃないか。

ではでは、今日はこの辺でー。
[PR]

by railstar-rikkun | 2012-09-18 23:59 | 鉄模:自宅レイアウト | Trackback | Comments(0)

大半径カーブレール「緩やカーブ」を作る:その4

最近に珍しく、ブログネタが渋滞して逆に困惑気味の私です・・・w ども、RiHaです。

暑さでうなだれている毎日・・・気が付けば、私の夏休みは後半戦に突入。
出掛けるあてもないので、無理に出掛けても、ってことで家でのんびり。
学生最後の夏休み、やっぱりいつもと変わり映えしなさそうです(爆

さて、連載企画と言いつつ間の長い「緩やカーブ」製作記・・・w
f0037227_20105714.jpg
4回目となる今回は、架線柱と橋脚を仕立てます。
やっぱり、架線柱は必須アイテムですねw
f0037227_20173432.jpg
まずは架線柱、新線の雰囲気を出したいなー、と思いアーチ形をセレクト。
そのままでは素っ気ないので、碍子を緑で色差ししてアクセント付け。
付属の土台は、架線柱のそれらしい間隔を求めて45度で3ヶ所とし、本体に固定しました。

土台は共通なので、色々買い集めて、気分によって変えるのもアリですね。
また、その中で組み合わせて、製品にない架線柱を作るのも楽しそうです。
・・・今のところ、するつもりはありませんけどw
f0037227_20454245.jpg
橋脚は、カトー製品準拠とするため高さは60mmとします。
しかし、地べたでも使用できるようにしたために、製品そのままで高さが合うものがありません。
そこで、トミックス製のものを4mmローダウンして使用しました。

ここまで来ると、完成まではあと少し。
夏休み中には仕上がると良いんですが・・・。
f0037227_20552642.jpg
やっぱり欲しくなっちゃった。
ってことで新発売のコレ、買っちゃいましたw

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2012-08-07 20:57 | 鉄模:自宅レイアウト | Trackback | Comments(0)

大半径カーブレール「緩やカーブ」を作る:その3

ネタ切れ阻止のための連載企画のはずが、まさかのご無沙汰に・・・w ども、RiHaです。

14日に夏休みが始まって、今日で間もなく2週間。
先週はお出掛けが多かったんですが、今週はお家でのんびり週間実施中。
冷房入れるのは夕方なので、外出した方が快適に過ごせるんですがね・・・w

記事にするのは久々の、「緩やカーブ」製作記。
決して、途中で放り投げている訳ではありませんので、念のため。
f0037227_2313308.jpg
レールが主役ですが、今回は車両にもご出演いただきましたw
前回と比較して、より実感的になりましたよね・・・!
f0037227_2317223.jpg
バラスト撒きを終えて、続いては塗装行程。
レールの側面がピカピカしているのは納得できないので、塗装することに。
筆塗りでは時間が掛かる上に、仕上がりが安定しないので、ここは迷わずエアブラシで。
錆色には、タミヤのNATOブラウンに白を少々添加して、コントラストを調整しています。
また、枕木はグレーに塗装して、プラっぽさを消してみましたが・・・。
バラストとほぼ同じ色味で、ちょっとイマイチな気もしつつ。
f0037227_23211166.jpg
バラスト部とカトー製複線線路道床部との色合いも合わせて調整。
違和感満点だったときに比べれば、まだ見れるモノにはなったでしょうか。
これ以上調和させるのは、残念ながら今の私の腕では出来ません(汗
そして、ジョイナーも錆色に塗装して一体感を出しています。

枕木の色味の再検討も含め、続いては壁や柵を塗装していく予定です。
ただただ1色で塗るのでは面白くないので、色々試してみようと思案中・・・。

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2012-07-26 23:38 | 鉄模:自宅レイアウト | Trackback | Comments(0)

大半径カーブレール「緩やカーブ」を作る:その2

ニキビなのか何なのか、鼻が赤く腫れたようになって気分が萎えてます・・・w ども、RiHaです。

私は、どちらかというと汗が出やすく、そして肌が荒れっぱなし(汗
いろいろと対策は施しているつもりなんですが、なかなか。。。
多い、少ないの波もあるようで、今は前者の様子・・・参ったなぁ。

さて、前回からちょっと間が空きましたが、マイペースで製作中の「緩やカーブ」。
f0037227_2342877.jpg
防音壁や柵を取り付けて、バラスト撒きも大体出来たかなー?というところ。
バラスト撒きはもうちょっと拘りたいので、手直しを含め、もう少し時間をかけるつもりでいます。
f0037227_23485583.jpg
防音壁や柵は、トミックスのワイドレール用のものを使用。
カントがない(水平)側に防音壁を取り付け、設営時の誤接続(カントあり・なし)を防止します。
・・・それに加えて、クラブ使用時における脱線時の転落防止ガードとしての役割も。
また、既製品のように、どこまでも高い壁がそびえ立っているのは嫌なので、途中は柵としました。
床下がチラッと見える感じが、なかなか良いですよw

バラスト撒きは、画像の通り、片側ずつ撒いていきました。
というのも、一気に撒いてしまうと、いわゆるバラストの肩がなくなり、なだらかになってしまいます。
曲線で、かつ、カントが付いていますので、それを強調するための撒き方です。
この作業が終われば、いよいよ仕上げ作業に入ります。
が、それがいつになるやら・・・w
f0037227_061212.jpg
先日導入した、マイクロの300系新幹線は、「ひかり 新大阪」行きに設定しました。
「のぞみ」にしようと思っていたところ、よくよく見ると指定席表示の数が足らないという・・・。
これは・・・「のぞみ」にはするな、ということなのかw
ちなみに、J61編成に入っている行先は、「のぞみ・新大阪」「ひかり・東京」「こだま・東京」。
私的には新大阪行きの気分だったので、画像の通り切り継いで無理やり仕立てましたw

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2012-06-26 00:17 | 鉄模:自宅レイアウト | Trackback | Comments(0)

大半径カーブレール「緩やカーブ」を作る:その1

色々と手を広げてしまって大丈夫なのか、なんて不安になることもあります・・・w ども、RiHaです。

以前から気になっていたこと。
どうして、他人の買い物カゴをジーッと見るのだろうか・・・。
無意識でそうしているのも神経を疑いますが、そうでないなら相当性質悪い。。。
個人的にあまり良い気分はしないので、こういうときはカゴを持ち替えて対処するんですけどね。

鉄模で新幹線や長編成の車両を集め、走らせていると、どうしてもカーブに不満が出てきます。
『もうちょっと緩いカーブ、欲しいよなぁ・・・』
長い構想期間を経て、5月末に製作を開始し、クラブ定例会に間に合わせるべく突貫工事w
ひとまず走らせられる状態になり、9日の定例会にめでたくお披露目となりました。
f0037227_23103830.jpg
緩やかなカーブを、ワイドビュー「しなの」が行く。
カトー製振り子車両だと、カッコ良さ3~4割増しですw
f0037227_2319189.jpg
今回製作している大半径カーブのコンセプトは
・寸法はカトーユニトラック基準とする。
・地上線、高架線両方で使用できること。
・持ち運びや収納に考慮した半径、線路分割にすること。
以上のことから、ベース(土台)は1mm厚のプラ板、半径は外側910mm、内側877mmとしました。
この半径は、既存のR414/381mmの両端に直線248mmを2本繋げたものと同様の寸法。
故に、取り替えて使用でき、かつ、レールレイアウトに出来るだけ支障が出ないようにしています。

まずは、1mmのプラ板を出来る限り正確に寸法をけがいて、切り出します。
この時点でずれてしまうと、修正ができないので慎重に。
45度分を切り出したところで、25m級の新幹線を乗せて比較。
パキパキッと曲がっている感じがだいぶ緩和されて、自然な曲がり方に。
・・・これを見て、製作のモチベーションさらにアップw
f0037227_23333548.jpg
自作レールの要は繋ぎ目。
ユニトラックの複線間隔(33mm)が狂ってしまうと、もうお手上げ。
そこで、複線アプローチレールの両端を切り取って使い、繋ぎ目の精度を確保しました。
また、カント量はカトー製に合わせて、外軌を1mm嵩上げしています。
f0037227_23503082.jpg
レールは、PECO製フレキシブルレール(PC枕木・コード80)を使用しました。
切り取った複線レールにフレキを差し込み、コルク道床へは瞬間接着剤で固定。
また、PECO製フレキ+カトー製コルク道床は、複線レールに比べて0.5mmほど高いのでプラ板で微調節。
f0037227_23563659.jpg
5月末に材料購入、6月3日から製作を開始してから6日間で、何とかここまで。
以降、バラスト撒きや壁、柵の取り付けなどを行い、より「それらしく」していく予定です。

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2012-06-10 23:59 | 鉄模:自宅レイアウト | Trackback | Comments(2)