10月8日・9日 三江線ならではの風景を求めて(後編)

ども、RiHaです。

試し撮り含めて、2日間で450回シャッターを切った、三江線撮影記。
前・中・後編3段構成の最後、2日目の後半の模様です。
f0037227_19584790.jpg
ここまで案内していただいた方とお別れして、日中の宇都井駅をぶらぶら。




f0037227_19585491.jpg
116段ある階段をてくてく歩いて、いざ天空のホームへ。
待合室から見る山間の風景・・・これぞ日本の原風景!って感じですな。
f0037227_19590159.jpg
階段だけを見ると駅とは思えず、まるで昭和の団地にある階段のよう。
f0037227_19590766.jpg
無機質なコンクリに苔の生えた感じ、そして高さ感を出したくて、見上げてみる。
f0037227_19591352.jpg
石州瓦の赤い屋根が目を惹く、里山の風景を走る三江線。
f0037227_19591986.jpg
「とまれみよ」その2。
静寂な辺りに、列車が近づいては通り過ぎるときだけ賑やかになる、そんな空間。
f0037227_19592530.jpg
逆さトラスの鉄橋、今度は下から見上げがちで1枚。
f0037227_19593116.jpg
再び、夜の宇都井駅にカムバック。
トンネルから出てきて、行く先をビカーッと照らす列車。
f0037227_19593864.jpg
息継ぎ程度に停車して、次の駅へ出発。
f0037227_19594623.jpg
数少ない灯りのなか、夜だと一層存在感が高まる列車。
f0037227_20202719.jpg
撮って思う・・・この駅は列車がない方が魅力的。
小さな屋根のついた待合スペースが、闇夜に浮かび上がる感じが良さ気。

3回に分けて書いた三江線の撮影模様。
このローカル感は非常に素敵なのですが、同時に廃線となるのも頷かずにはいられないところ。
地図から消えてしまう前に、触れられて良かった・・・。

ではでは、今日はこの辺で。

[PR]

by railstar-rikkun | 2017-10-24 20:31 | 撮影記録 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tec300.exblog.jp/tb/28287894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード