マイクロエース 785・789系「スーパー白鳥」の気になる点

今年は前厄なので、少しばかり気を張って過ごす1年となりそうです・・・w ども、RiHaです。

とは言え、今年も気の趣くままに色々とやってみたいところです。
ひとつのことに縛られ過ぎず、他に感化され過ぎない・・・コレ、重要です。

さて、新年1発目の記事は、ちょっと間の空いたNゲージの加工からスタート。
先日購入した、マイクロエースの「スーパー白鳥」の気になる点を弄ってみます。
f0037227_17584799.jpg
まずは、お手軽(ですが高くつくw)カプラー交換。
マイクロカプラー装備ながらも連結間隔が広かったので、TNカプラーに交換してさらにカッコ良く。



f0037227_17591161.jpg
残念ながら、クハ789-203にはポン付けできないので、余分な箇所を切除の上、両面テープで固定。
加えて、スカートも適宜調整して、TNカプラー台座に固定する必要があります・・・面倒ですね(汗
また、運転台側の台車がシレッと逆向きな点も、ひっくり返して是正しました。
f0037227_17593764.jpg
その他、中間連結面も同様にTNカプラーを奢ってあります。
クモハ785-303の車端部にはトイレタンクを取り付けて、スカスカ感を解消してます。
f0037227_18049.jpg
続いて、ちょっと楽しいパンタグラフ周りの色入れ。
碍子は最近、紫系の色をしたグリスが塗られているようなので、それを再現してみました。
f0037227_180849.jpg
そして、先頭車のヘッドライト、HIDと電球の色分け。
光源寄りのプリズム端面にクリアオレンジを程よく塗ってやれば、それらしい色になります。
f0037227_1759408.jpg
同時に、785系の前面ガラスのブラックアウト部分を追加。
印刷工程が共通のためか、道央圏の785系用と同じく運転台下のヘッドマーク用に枠が・・・。
300番台はヘッドマーク位置が変更されて必要がないので、その部分を黒塗り。
f0037227_1803083.jpg
が、ブラックアウト効果により角度が付くと、ヘッド・テールライトの視認性が悪化するという。。。
前面ガラスとライト導光のプリズム先端との距離が遠いから、なんですよね・・・。
もうちょっと詰めてほしいなー、と。

詰めてほしいと言えば、785系前面独特の導風器パーツのゲート跡。
切り取ったら跡が残るわけなのに、見てくれに影響する位置に堂々とゲートを持ってくる設計とか。
「よっしゃ、形は出来た。はい、終わり・・・あとは給料払ってね。」な労働環境が嫌でも見えてきます・・・。
マイクロエース、昔より良くなった部分こそありますが、相変わらずなところもまだまだ。
突然モノにはできませんから、日々の積み重ねを頑張ってほしいところです。
・・・雑誌屋さんが絶対書かないであろう悪い点も晒して、うちは贔屓なくレビューしますよ。

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2015-01-05 00:45 | 鉄模:改造・加工(N) | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://tec300.exblog.jp/tb/23514903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヤマト at 2015-01-09 22:46 x
私も先日導入したばかりで先頭車のTN加工が難しくて困っています。因みにプラ板は必要でしょうか?加工についてのアドバイスをお願いします。
Commented by railstar-rikkun at 2015-01-10 00:51
>ヤマトさん
先頭車のTN化は一筋縄ではいかず、面倒ですよね・・・。
今回の加工ではプラ板は使っていません。

まず、TNカプラーは「パチン」と留めるための突起部分と、先頭形状の先細りに合わせて台座部分をカットする必要があります。
ボディや床下と干渉しないように形状が整えば、あとは両面テープで固定して完了です。
スカートはマイクロカプラーに付いているものを利用して、記事内上から2枚目の画像のようにカットし、ボディ側との合いを見ながら両面テープ(またはゴム系接着剤)でTNカプラー台座に固定すれば完成です。

言葉だけでは分かりづらいかも知れませんが、ご参考になれば幸いです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード