エヌ小屋で16番「トワ」内装加工:2号車スイート・ロイヤルの場合

無事、年賀状を投函できたので、今年も無事に1年を終えることが出来そうです・・・w ども、RiHaです。

トミックス16番「トワイライトエクスプレス」の内装加工、残すところ、あと1箱(3両)分。
・・・机の片隅では、増結Aセットの箱が今か今かと加工待ちしておりますw
f0037227_23235917.jpg
続いては、A個室「ロイヤル」と車両中央に「スイート」を擁する、2号車スロネ25-500です。



f0037227_23243064.jpg
「ロイヤル」4室や通路など、先に仕上げた1号車とほぼ同様。
その中でも、2号車の大きな特徴といえば、車両中央部に用意された「スイート」ルーム。
予め筆塗りでフォローした後、内装シート類を貼り付けますが、画像の赤丸部分・・・。
f0037227_23245313.jpg
A個室、それもスイートに洋服ダンスがないなんて、さすがにマズい。
ということで、プラ板を切り出して赤茶色に塗装、仕上げに鏡シールを貼り付けて完成です。
f0037227_23313069.jpg
加工に時間の掛かる理由、そのひとつをご紹介・・・w
ロイヤルのカーテンと、個室通路側にある小窓のカーテン、それぞれ切れ端からの自作です。
カーテンが束ねられた状態を模するため、ひとつひとつカッターで切り込みを入れたり・・・。
f0037227_23265739.jpg
f0037227_23274271.jpg
編成中、唯一室内灯のチラつきが多いので、集電シューの接触具合を調整。
ボディを外してから被せるまで、足掛け3日・・・好きでなきゃ、やってられませんw
f0037227_005794.jpg
2号車3番の「スイート」・・・サロンカーと同じ大きな窓を擁するわけですから、こちらも「展望」ですよね。
その大きな窓にはもちろんカーテンを、そしてカーテンレールも漏れなくプラス。
f0037227_011659.jpg
追加した洋服ダンスに、窓際にチラッと見える束ねたカーテン。
人間の目って節穴なので、見てるようで見てなかったりしますが、写真を撮ればバッチリと。
・・・うちの加工は、人間より手厳しい写真写りにも対応する仕上がりを目指しております。一応。
f0037227_011969.jpg
通路側は種車そのままの窓配置のため、個室の小窓から見える景色は・・・壁です(汗
こんな第1・第2編成のちょっと残念な部分を改良しているのが、第3編成。
「トワ」に乗れるのもラッキーですが、その上第3編成に乗れればさらにラッキー!だったりします。
ちなみに、私は乗車5回のうち2回、第3編成でした。

さて、残るは3号車と5号車の2両、年明け以降、順次仕上がる予定です。
実車のラストランまでには、人形とかを乗せて華やかにしたいなぁ。

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2014-12-27 01:11 | 鉄模:改造・加工(16番) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tec300.exblog.jp/tb/23480810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード