転用改造された異端児:マイクロエース785・789系「スーパー白鳥」

年賀状のデザインは出来た!あとは宛名とひと言を・・・って、それが結構時間が掛かるw ども、RiHaです。

5ヶ月振りにNゲージの新車、買ってきました。
f0037227_22273253.jpg
マイクロエースの785系300番台+789系「スーパー白鳥」です。
今年1月の発売予定が、ズルズルと遅れに遅れ、ようやく発売されました・・・。
・・・関東在住時代に製品化発表があったモノで、予約していたことを忘れかけてました(汗



f0037227_22361789.jpg
いざケースを開けてみると、塗装の質感に思わずニッコリ。
銀色塗装にありがちなギラギラしたツヤが抑えられ、実車のダルフィニッシュ仕上げを感じさせます。
ただし、黄緑やグレーなど、マイクロ製品特有の少々厚ぼったい塗装は健在。
また、床下機器のカバーには部分部分に銀色塗装が施されていて、良いアクセント。
f0037227_22514251.jpg
789系と転用改造された785系2両・・・異端児感ハンパじゃない!
さすがはJR北海道、というか苗穂工場。模型栄えもするゲテモノぶりは、見てて楽しいですw
f0037227_22534228.jpg
中間車化改造のモハ785-303・・・運転台撤去どころか何もかも無くなって、かなり不気味。
でも、何故か嫌いにはなれないという不思議w
その連結面のカプラーは伸縮アーノルドではなく、密連マイクロカプラーが標準装備。
お世辞にも連結間隔が狭いとは言えないので、TNカプラー化した方が良いかも。
f0037227_22531565.jpg
パンタグラフのプロポーション、上がり具合も特に悪くないかな。
交流電車なので、屋根上機器の色入れも楽しめそうです。
・・・中間の連結間隔もTNカプラーでもう少し詰めたいなぁ。
f0037227_2255356.jpg
ヘッド・テールライトにトレインマークもそれなりに明るく光るので、コレで十分。
どうやら真正面から見るのが一番良いようで、ちょっと見る角度がズレると暗く見えちゃいます・・・。
あとはプリズムに色を入れて、電球とHIDの色分けをしてやると、さらにカッコ良くなりそうです。
f0037227_23573784.jpg
789系6両のうち、中間車3両に簡易運転台があり、模型でもライトが点灯する仕様。
これは・・・個人的にはライトユニットを省いてくれても良かったかな、と。
何せ、8両で定価25,500円(+税)、割引後でも2万円弱ですからね・・・。
それでも、こういうツボに嵌まる車両なら、喜んで買っちゃうんですけどねw

それにしても、マイクロエースの生産拠点は未だ、トラブル前の生産能力までには復活しませんね。
毎月約4製品を出荷するペースに対し、製品化発表も4製品ほど。
バックオーダーを抱え過ぎのような気もするので、今のポスター内容量が適正なんだろうと。
衣・食・住の生活必需品とは違って、鉄道模型はあくまでも趣味の1つであり「贅沢品」。
量よりも質、少々値段が高くても満足のいく良いモノが欲しい・・・。
製品を見ると、製造・生産にまだ荒削りな感じが見えてくるので、その辺りに今一度力を入れて欲しいな。

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2014-12-22 00:53 | 鉄模:新規導入(N) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tec300.exblog.jp/tb/23461099
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード