カトーHO E5系の外見加工 ライト・チューニングVer.

ども、RiHaです。

カトーHOの「はやぶさ」、内装加工の次は外観をちょこっと拘ってみます。
f0037227_22282630.jpg
まずは、あっさり印刷表現のワイパーをパーツで立体化。
『アームもブレードも長いワイパーなんて、パーツあるか?』と思いましたが、ちゃんとありましたw
エコーモデルのロングタイプワイパーの中にある一番大型のもの(9mm)でピッタリ。
半ツヤの黒で塗装して、ボディ側に0.3mmの穴を開けて、ゴム系接着剤併用で取り付けました。
f0037227_22364184.jpg
立体感も出て、ボディ側からアームが伸びてますよ、という状態が再現できました。
ちなみに、印刷表現のワイパーは特に触らず、そのままです。
頑張って消してはみたものの、ガラスが擦り傷だらけになったーってのも嫌ですしね・・・。
f0037227_22425495.jpg
続いて、真っ赤なパンタグラフは、スリ板を塗り分け。
カーボンのスリ板はもちろんのこと、その土台部分も色分けしてあります。
f0037227_2246815.jpg
ライトチューンなはずですが、ココだけは譲れない部分。
左側が加工後で、右側が加工前・・・どこが違うか分かりますでしょうか?
f0037227_2248995.jpg
うちではお馴染みの車輪塗装、車輪のフチだけを明るいグレーで塗装しました。
フチを塗装したことで、あたかも内側の銀メッキ部分がディスクブレーキのように見えることを狙ってます。
台車カバー下から見える脱線逸脱防止ガードに華を添えるようなイメージです。
しかし、事あるごとに足回り、足回りって・・・俺ってスケベなんだな(爆

とりあえず、HO E5系の加工はこんな感じで。
あとはメーカーのコンセプト通り、走らせて楽しみたいと思います!

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2014-05-18 23:04 | 鉄模:改造・加工(16番) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tec300.exblog.jp/tb/22074646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード