トミックス16番EF81トワイライト色 小加工第1弾

最近、寝つきがどうにも悪い・・・何かと考え事が多いからかなぁ、なんてねw ども、RiHaです。

16番の「トワイライトエクスプレス」、ぼちぼち加工を進めております。
まだ未完成ですが、EF81のトワ釜をひとまず現段階でご紹介します。
せっかくのカッコ良い車両なので、今年はしつこいくらいに記事にしていこうかと思いますw
f0037227_23361261.jpg
基本的にPSモデルなので、そこまで大幅には手を入れてませんが、ひとまず加工第1弾。
純正そのままからカッコ良さ2割増し、くらいにはなったかな?w



f0037227_23493388.jpg
まずは、運転台周りの色入れ。
敦賀機なので、前回のローピンEF81と同様の配色で、背後の操作盤類のシートも抜かりなく。
仕上げに、うちの「トワ」は大阪行きの設定なので、1エンド側に機関士人形を乗車させて完成。
f0037227_04574.jpg
自己満足でもうひと手間、運転室の窓ガラス、壁部分は淡い緑色で塗装。
そして、機械室の明かり窓の断面をつや消しの黒でタッチアップして、見栄え向上を狙ってます。
その他画像はありませんが、ガラス部分は断面が白く光るのを防止するため、スモークを筆塗りしてます。
f0037227_0124026.jpg
そうすることで、プラ製ならではのガラスの厚みが抑えられて、一層引き締まって見えるんです。
・・・というのは私だけかも知れません。多分、しなくても十分カッコ良いですw

ちなみにコレ、16番「トワ」スペシャル加工という訳ではありません。
ローピンのEF81も然り、個人的に気になった車両には施工済みの内容です。
まさに「細か過ぎて伝わらない」状態なので、ブログ上ではこれまで省略しておりました。
今回、とある方からのご要望により、ちょこっと紹介してみました。
f0037227_0273519.jpg
そして、もうひとつ気にいらないものが・・・コレの方がガラスより気になる。
PSモデルは金属製の碍子なのですが、斜めの碍子はプラ製なのです。。。
そのまま未塗装は違和感があったので、周りの碍子に合わせた色で筆塗りしておきました。
若干青みが強かったようですが、これは手厳しいコンデジさん目線だからで、個人的には許容範囲です。

で、この金属製のパンタグラフ、見れば見るほど不満です。
インプレでも触れましたが、ゆず肌の塗装に加えて、数回触れただけで塗装が剥がれます・・・。
ハンダがボコッと飛び出しているなど組み立ても雑で、繊細さもなく、良いところがありません。。。
片意地なゲージ論争を他社に吹っかける前に、自分の製品をしっかり作れよ、と。
全く、けしからん。

批判で記事を〆る、という久々の展開、失礼致しました。
ではでは、今日はこの辺で。
[PR]

by railstar-rikkun | 2014-01-29 00:53 | 鉄模:改造・加工(16番) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tec300.exblog.jp/tb/21341898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード