研修旅行という名の卒業旅行 5日目(1/24)その3

内定先から送られてきた冊子を読みながら、4月からの自分を想像してみる・・・。 ども、RiHaです。

「趣味を仕事にするのは良いことだ」とか、はたまた「趣味と仕事は違う方がいい」とか。
これって、意見がくっきり二分しますよね・・・。
実際、私は回りまわって前者になった訳ですが、果たしてどうなることやら。
半年後なり1年後、覚えていたら、そのことについて記事にしてみようと思いますw

さて、まだまだ続く研修旅行記、5日目の模様をお送りします。
f0037227_2374836.jpg
洞爺駅に停車後しばらくして、DF200形牽引の貨物列車が到着。



f0037227_23112489.jpg
夕焼け色の「トワイライトエクスプレス」マークを、DD51と絡めて。
ちなみに、「トワ」の黄帯の上下に入る線をよく銀色と言われますが、実は白色の反射テープだそうです。
f0037227_23191651.jpg
ブレてしまってますが、今回乗車した編成は昨年、網干で全検を受けたばかりの第2編成!
・・・どうりで外見がやれてない訳ですw
f0037227_23234140.jpg
自動連結器の遊びが伸びる衝撃音を残して、先に駅を出発する貨物列車をお見送り。
コキ最後尾が赤色灯というのも、寒冷地ならではの光景ですね。
f0037227_23304468.jpg
洞爺を発車して1時間後の17時30分。
待ちに待った、食堂車「ダイナープレヤデス」での豪華フランス料理のディナータイム!
軽装なことに申し訳なさを感じつつ、私自身初めての食堂車での食事。
無礼をお許しいただいて撮影したもの、せっかくなので全部ご紹介します。
昨年12月から2月末までの2012年度の「冬メニュー」です。
f0037227_23433865.jpg
フォアグラのコンフィ ピュイ産緑レンズ豆のサラダ添え
f0037227_2351944.jpg
すっぽんのコンソメ 生姜とローズマリー風味
f0037227_23373771.jpg
クエのソテー ライムのエマルジョンソース
f0037227_23515513.jpg
黒毛和牛のステーキ 堀川ごぼうのトリュフクリームとロマネスコ添え
f0037227_23523994.jpg
りんごの真空調理 レモングラスのシャーベットとシャンパンゼリー

加えて、美味しいパンや、食後にはコーヒーか紅茶、ハーブティーがつきます。
料金だけ聞くと『えぇー!?』ってなりますが、このお値段でも納得の食事なのは間違いありません。
また、見た目以上に量がしっかりあるので、一般庶民の私でも十分に満足できました。
ただし、慣れないナイフとフォーク、そして揺れる車内という条件で、結構緊張します・・・w
・・・あれだけ揺れる中で、こんなに素晴らしい料理を作っていらっしゃるのだから、ビックリです。
f0037227_085285.jpg
大満足の夕食を終えて、部屋に戻り余韻に浸る。
・・・というのは数十分の話で、恒例の大富豪で遊び倒すw
21時、パブタイム開始の放送を聞いて、懲りずに再び食堂車へ。
ちょっとリッチな夜食をケチって3人で割り勘し、先ほどの夕食時の雰囲気とは違う時間を過ごす。
残念なのが、この時間、青森駅で停車中なので車窓にはあまり変化が見られません・・・w

部屋に戻って、再び大富豪で盛り上がるw
23時、シャワーの予約時間になったので、大富豪を切り上げ4号車へ。
銀色の寝台列車のシャワー室よりも広いことに感動しつつ、1日の疲れを少し癒す。
そして1時頃、ハシゴを登り上段にて就寝。

以上、研修旅行5日目でした。
次回は6日目、起床していきなり先行きが思いやられる模様をお届けします・・・w

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2013-02-21 00:19 | 旅の思い出 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tec300.exblog.jp/tb/18673071
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード