節目の年、新たに開ける世界に向けて

今年2012年は印象的で、かつ充実した1年を過ごすことができました。 ども、RiHaです。

まずはじめにご報告があります。
今年4月に、祖父が他界しました。
喪に服するため、新年の挨拶は控えさせていただきます。

2012年も残り僅かとなりました。
そんな今年1年のブログ更新数は79回。
去年が70回だったので、ちょこっとアップw
来年以降も社会人として、つぶやき程度に更新できれば良いのですが、果たして・・・。

当ブログをご覧の皆さんは、今年はどんな1年だったでしょうか?
私は、色んな意味で「動いた」1年でした。

その中でも1番の出来事と言えば、やはり就職活動。
6月に内定を頂けたというのは、喜びでもあり、驚きでもありまして。
その通知を受け取った瞬間は、今でも、というか今後も忘れられないくらいの衝撃ですw
正直なところ、賭け、勝負に出た一面もありました。
教師陣の遠回しに「通らないよね」的な反応を受けつつ・・・。
地元神戸を、そして関西を離れるということと・・・。

今後、人生という駒を進めるにあたって、常に挑戦する心は忘れたくない。
そして、自分を進化・成長させるためには、より重い負荷を掛けることも忘れてはならない、と。
その道標のひとつとして、内定を頂けたんだと考えてます。
以前、私は『人間は未来からの旅人である』と、幾分前の記事で書きました。
すなわち、未来から「行って来い!」と言われたんだと解釈してます。
来年春から、楽しみでもあり、不安でもあり・・・。
時間が経つにつれて、何だかよく分からなくなってきたというのが現状での感想ですが・・・w

20歳になり、そして間もなく社会人への仲間入りと、今年は節目の年となりました。
時間とともに分かるであろう、これからの人生に期待を寄せて。

最後に、今年1年、当ブログをご愛顧頂きましたことをお礼申し上げます。
ありがとうございました。
[PR]

by railstar-rikkun | 2012-12-31 00:35 | 雑談 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tec300.exblog.jp/tb/18304363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード