大半径カーブレール「緩やカーブ」を作る:その1

色々と手を広げてしまって大丈夫なのか、なんて不安になることもあります・・・w ども、RiHaです。

以前から気になっていたこと。
どうして、他人の買い物カゴをジーッと見るのだろうか・・・。
無意識でそうしているのも神経を疑いますが、そうでないなら相当性質悪い。。。
個人的にあまり良い気分はしないので、こういうときはカゴを持ち替えて対処するんですけどね。

鉄模で新幹線や長編成の車両を集め、走らせていると、どうしてもカーブに不満が出てきます。
『もうちょっと緩いカーブ、欲しいよなぁ・・・』
長い構想期間を経て、5月末に製作を開始し、クラブ定例会に間に合わせるべく突貫工事w
ひとまず走らせられる状態になり、9日の定例会にめでたくお披露目となりました。
f0037227_23103830.jpg
緩やかなカーブを、ワイドビュー「しなの」が行く。
カトー製振り子車両だと、カッコ良さ3~4割増しですw
f0037227_2319189.jpg
今回製作している大半径カーブのコンセプトは
・寸法はカトーユニトラック基準とする。
・地上線、高架線両方で使用できること。
・持ち運びや収納に考慮した半径、線路分割にすること。
以上のことから、ベース(土台)は1mm厚のプラ板、半径は外側910mm、内側877mmとしました。
この半径は、既存のR414/381mmの両端に直線248mmを2本繋げたものと同様の寸法。
故に、取り替えて使用でき、かつ、レールレイアウトに出来るだけ支障が出ないようにしています。

まずは、1mmのプラ板を出来る限り正確に寸法をけがいて、切り出します。
この時点でずれてしまうと、修正ができないので慎重に。
45度分を切り出したところで、25m級の新幹線を乗せて比較。
パキパキッと曲がっている感じがだいぶ緩和されて、自然な曲がり方に。
・・・これを見て、製作のモチベーションさらにアップw
f0037227_23333548.jpg
自作レールの要は繋ぎ目。
ユニトラックの複線間隔(33mm)が狂ってしまうと、もうお手上げ。
そこで、複線アプローチレールの両端を切り取って使い、繋ぎ目の精度を確保しました。
また、カント量はカトー製に合わせて、外軌を1mm嵩上げしています。
f0037227_23503082.jpg
レールは、PECO製フレキシブルレール(PC枕木・コード80)を使用しました。
切り取った複線レールにフレキを差し込み、コルク道床へは瞬間接着剤で固定。
また、PECO製フレキ+カトー製コルク道床は、複線レールに比べて0.5mmほど高いのでプラ板で微調節。
f0037227_23563659.jpg
5月末に材料購入、6月3日から製作を開始してから6日間で、何とかここまで。
以降、バラスト撒きや壁、柵の取り付けなどを行い、より「それらしく」していく予定です。

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2012-06-10 23:59 | 鉄模:自宅レイアウト | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://tec300.exblog.jp/tb/17641639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miya at 2014-10-10 16:49 x
過去記事へのコメント失礼します。
他人の買い物かごを覗くというのは確かにタチが悪いのですが、
車両セットなどの大物を買うときは特にどうしても踏ん切りがつかずに
「あの人もあんなに買ってるんだから」と購入への言い訳の為に目が行ってしまう事があります。
タチの悪さを認識しながら厚かましいことだとは承知しておりますが、
我々のような小市民鉄を助けると思って気にせずというか先輩として堂々と買い物をしていただけると助かります。
Commented by railstar-rikkun at 2014-10-14 00:18
>miyaさん
過去記事へのコメントも随時受け付けておりますので、ご遠慮なくどうぞ。

スーパーでよく見受けられるんですよね、カゴを見る人・・・。
まるで「こんなもの食べるんだ」とか「ここのが好きなんだ」とか思われていそうで・・・。
模型屋さんで視線を感じたことはあまりないですねぇ。
私も、そこまで見られるほどの大きな買い物はしてないですよ!

買い物という目的が一緒の者同士、楽しくお買い物したいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード