コンテナの色褪せ表現を試す

自販機に入れても戻ってくる10円玉・・・「ギザ10」を久々に手にしていた私ですw ども、RiHaです。

今月末にはやってくるであろう、新入りの機関車。
迎え入れる準備として、そのお相手となるコンテナ貨物をもうひと手間。
これまで、コンテナ車(コキ)はそれとなく汚してきましたが、コンテナはほぼそのまま・・・でした。
当時はそれで満足してたんですが、時間が経つにつれて違和感が・・・w
f0037227_23363582.jpg
コキは茶色く汚れて、コンテナは色褪せている・・・
というイメージが私の中では強いので、今回は「色褪せ」表現に挑戦してみました。
一般的なウェザリングと要領は同じで、使う塗料はつや消しの白色。
これを薄め液で薄ーく溶いて、それぞれ濃淡をつけながら、じわりじわり色を乗せていく感じで。
うちにあるコンテナ全部!・・・とは私が許さないので、そのうち7割ほどを色褪せ表現に。
f0037227_2346136.jpg
程よく汚した(?)コキに、色の濃淡がついたコンテナ。
実車に忠実とはいきませんが、とりあえず、今のところはこれで満足してますw
ただし、私のことなので、また数ヶ月すれば飽きます・・・。
そのときには、いわゆる「パッチワーク補修」にも挑戦してみたいなぁ、なんて。

ではでは、今日はこの辺でー^^ノ
[PR]

by railstar-rikkun | 2012-05-04 23:59 | 鉄模:改造・加工(16番) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tec300.exblog.jp/tb/17502833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード