己を考えた1年

皆さんにとって、2011年はいかなる1年でしたでしょうか。 ども、RiHaです。

まずはじめにご報告です。
今年は身内に不幸がありまして・・・。
喪に服するため、新年の挨拶は失礼させていただきます。

さて、今年2011年は、これまで70記事を投稿してきました。
振り返ってみれば、たったの70記事・・・。
浮ついた学生時代を抜けましたため、更新時間が限られているのが事実です。
また、ご期待に沿える記事が少なかったように思います。
これは、当ブログ(=管理人)の譲れないポリシーがあるからです。
「めんどくさい人だな」「うっとおしい」・・・そう思われたって構いません。
今を見つめ直した者に、その先新しい何かが見えてくると信じているからです。
というか、去年も同じようなことを書いたような・・・まぁ、いっかw

先の東日本大震災があり、何かと考えさせられることが多かった1年でした。
『自分とは何だろう』、『自分は何ができるのか』
自分自身がものすごくちっぽけで、無力であると痛感しました。
同時に、今に決して満足することなく、絶えずより良くしていこうぜ!と。
・・・それについて書き連ねたのが12月17日分記事⇒http://tec300.exblog.jp/16959506/
2011年、私にとって大きな転機であったのは間違いありません。

2012年、専門学校生として重要な舵取りを強いられます。
大きな第1歩であり、またそれに揺るがない信念を持ち合わすという難題です。
でも、これまでの困難を曲がりなりにも乗り越えてきましたから、きっと大丈夫だろうと思っています。
そうでも考えておかないと、この先誰も想像しないような世界に飛び込むわけですからね。

最後に、少しばかり早いですが、今年のご愛顧をお礼申し上げます。
ありがとうございました。
[PR]

by railstar-rikkun | 2011-12-28 00:27 | 雑談 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tec300.exblog.jp/tb/17003091
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード