現在があるのは過去のおかげ

就職活動が本格始動するにつれて、想いはさらに強くなる・・・。 ども、RiHaです。

まず始めに、ちょっとご報告。
突然ですが、名前を「RiHa(読み:りは)」へ変更させていただきました。
前のは、自分で付けておきながら長ったらしく感じたので、今度は収まりよく、ねw

今回は、ここからが本題。
「今ある規格や概念をぶち壊せ」
人類は、失敗や成功を経験として得て、発展・進化をしてきました。
今の生活が成り立っているのは、その土台に過去の人の頑張りがあるからです。

ここで私の疑問。
今に満足してしまってはいませんか・・・?
確かに、世界中にはあらゆるものが溢れ、ある側面から見れば贅沢とも言えるでしょう。
しかし、ちょっと冷静に見つめ直せば、改善の余地があるものはたくさん存在します。
また、我々が欲しているものが、まだ現れていないことだってあります。

歴史を振り返れば、過去の人々はいかにして発展・進化を成しえたのでしょうか。
それは、これまで非常識であり、規格外であったものを、常識化、一般化したからです。
『そんなバカな』、『あり得ないよ』・・・そんなことが、現在では生活のベースとなっているんですよ。
では、現代を生きる我々は・・・。
過去の人々が創り上げた土台の上で一生を過ごす・・・そんなことがあっていいのでしょうか。
その土台に敬意を表しながらも、それをさらに進歩させ、より良いものにしていく。
本来、日本人がもっとも得意とすることではないでしょうか。
これが、現代を生きる我々の一生内での命題であり、次世代の人々へ引き継ぐための使命です。
過去の人々の知恵や技をそのまま使ったところで、その先に進化なんてありません。

現在に満足する人、満足しない人、それぞれいらっしゃると思います。
しかし、規格や概念にとらわれて、その範囲内で一生を過ごす。
ハッキリ言わせてもいますが、私はそんな刺激のない人生を過ごしたくありません。
規格や概念を神のように崇めて、それを逸脱してはいけない!・・・なんて、そんなバカな話がある訳ない。
自分に見えるものしか見ておらず、ちょっとズレた意見や概念を全く受け付けない。
これだから最近の人は「インターネット人間」「マニュアル人間」と揶揄されるんですよ。

固定概念にとらわれる人って、私が考えるに、他人と違うのが不安であり、怖いのではないかと。
言い換えれば、大多数の意見と一緒でなければ納得が行かない、みたいな。
それはそれで、その方の信念なんでしょうが、自身の存在意義が薄れているように感じます。
私はむしろ、他の方と意見や考えが違っていて結構さ、と思う性格です。
意見が違ったら違ったで、ディスカッションできて楽しいじゃないですか。
私の考えを皆さんに知っていただくためなら、熱意を込めて丁寧に説明します。
これまで当ブログでも、言葉足らずではあったとは思いますが、責任もってご説明したつもりです。

ちょっとスケールの大きな話に聞こえるかも知れません。
しかし、私にとっては揺るがない野望でもあり、望みでもあります。
ですから、私は現在存在する規格や概念をぶち壊して仕事がしたいんです。
それによって、全く新たな方向性を見出し、未来へ引き継いでいく・・・。
鉄道業界でも、自動車業界でも、実はまだまだ無限の可能性を秘めているのです。
・・・まずは、こんな信念を少しでも汲み取っていただける企業に就職することが、私の第1歩。
[PR]

by railstar-rikkun | 2011-12-17 01:35 | 雑談 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://tec300.exblog.jp/tb/16959506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よし@リーダシップ at 2012-06-28 01:04 x
非常識は勇気いるかもしれませんが、時代を先駆けるのは非常識ですよね。
Commented by railstar-rikkun at 2012-06-28 23:59
>よし@リーダシップさん
コメントありがとうございます。
やはり、その先のことを考えると、非常識が不可欠ですね。
何でもかんでも、常識の波にさらわれることのないように心掛けたいものです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード